WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

強すぎる力は破滅を生む 

素で忘れてました(マテ
というわけで、おざなりに。


最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
究極のバトルスピリッツを見つける話。
……で?っていう。
結局、なんなのかよくわからないというね……。
で、やっぱり蛇遣い座がラスボスじゃないですかー、やだー!

今回のバトル。
おい、バトルしろよ。


トッキュウジャー
小林さん脚本。
トカッチはブラコンでしたという話。
おとぎの世界の主人公といろいろ協力するのかと思ったら、
ただ逃がすだけというね……。
で、唐突にトカッチには兄が居たことが判明。
それって別に必要な情報ではないのですけど……。
他のキャラにも兄弟姉妹が居る可能性はあるわけで、
そもそも親のことさえ覚えていないんだし、
今回トカッチが兄のことを思い出したからって、
今後の物語になにも影響しないと思うのだが……。


仮面ライダー鎧武
サガラはヘルヘイムそのものだったんだよ! な、なんだってー!!という話。
危険だから封印したロックシードってエナジー版じゃないのか。
ラスボスが使うようなモノの割には、使ってる武器が新規じゃないから、
そこまで強そうな感じがしないという……。
鎌とかにしても良かったんじゃないですかねぇ?


ハピネスチャージプリキュア!
第29話、ドレッサーの力を使うと思わせて使わない話。

今回はキュアピースの挨拶。
作画はキャラクターデザインの川村敏江さん。
ピカピカピカリン☆
なんか大人っぽくなった作画でしたね。
男を知ってしまわれたかー(マテ

原画は10人+川村敏江さん。
作画監督・星野守……あっ(察し
一番最初よりは良くなってるんだけど、もう作画監督しないでほしいな。

脚本はシリーズ構成の成田さん。
設定を語る回でしたしね。
まあ、改めて話さなくても作中の回想でわかってたことなんだけどね。

シャイニングメイクドレッサー。
今回使うのかと思ったらそんなことはなかった(笑)。
作画的に無いな、とは思ってたけどな!
っていうか、ドレッサーからの光で敵の動きを止められるのはチートだろ(苦笑)。
さすがに今回だけなんだろうけどさ。
もしかすると、パワーアップ中に敵の動きを止めるための機能なのかもしれない(笑)。
っていうか100万分の1から同等に戦えるまでになるって、パワー上がりすぎぃ!

次回はメイクのお勉強。
EDのCGを見てても思うけど、お化粧するとケバいんだよなぁ……。
中学生でも化粧くらいするんだよ、ってことなのかもしれないが、
そういうの広めないでほしいなぁというのが個人的な思いですわ。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

本来の力が出せない 

遅めの夏休みってことで(ぉ


最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
蛇使い座が復活。
結局のところ、中途半端な星座編になっただけじゃないですかー!
裏十二宮と言いつつ、登場したのは蟹座と獅子座だけ、
そして関係のない十三星座の蛇使い座がラスボス(みたいな雰囲気)。
う~ん、この……。
ダンさんシリーズに比べると、まったく面白くないんですが……。

今回のバトル。
なんか目新しいことってありましたか?
なかったよね。
はい、終わり。
というか、2組のバトルなのに、片方のバトルは省略するのって、
いい加減やめてくれないかな?
キースピリットでドーン!→やーらーれーたー!
これを見てなにが面白いの?っていうね。
まだラストバトルじゃないし、なんていう言い訳はいらん。
バトルするなら、ちゃんと描写しろ!


トッキュウジャー
小林さん脚本。
闇にのまれた町へ行く話。
変身時間が限られた環境の中で、乗り換えによって時間を延長する、
というのは面白かったですね。
敵地で弱体化というのは、良くあるネタだけど、
そういうのって大体パワーアップアイテムの登場で乗り切るから、
今回はそれを無しで乗り切ったところを評価したい。
まあ、最終的にはパワーアップするんだろうけどね。


仮面ライダー鎧武
黄金の果実を舞にあげる話。
命を創れる黄金の果実ってスゲー!
ロシュオは既に黄金の果実を持っていませんでしたー!
……どういうことだってばよ!?
あれはロシュオ自身の力ってことなのかな?
レデュエはまだ生きてそうだなぁ。
やられた描写に少し違和感があったし。
光実は危険ドラックでもやってるのかな?(苦笑)


ハピネスチャージプリキュア!
第28話、ハワイのプリキュアと共闘する話。

今回はキュアマリンの挨拶。
作画はキャラクターデザインの馬越嘉彦さん。
マリンのブレないギャグっぷりに大笑いしたわw
個性強すぎぃ!(笑)

原画は青山充さん+3人+馬越嘉彦さん。
メインは青山さんで、3人はアロ~ハプリキュアの変身や技の担当かな?
枚数が多いわけじゃないのだけど、見ごたえはあったよね。

脚本は小山真さん。
前回までの恋愛話はどこへやら、
いつものプリキュアらしいお話でしたね。
ゆうこが話のメインになるのは久しぶりだよなぁ。

メルシィプリキュアことキュアアール。
ひとりっていうのはキツいよなぁ。
他の国でも、ひとりで戦ってるプリキュアはことごとくやられてるし……。
ぶっちゃけ、ファントムが来た時点で詰みだと思う。

アロ~ハプリキュアこと キュアサンセット&キュアウェーブ。
既にアメリカにはボンバーガールズプリキュアというのが居るんですけどね。
まあアメリカは広いし、あと3組くらいは居てもおかしくはないな(笑)。
キャストは姉がED曲の人、妹がOP曲の人か。
過去にも声優はやってるから棒ってことは無く、普通に聞ける演技だったかと。

ケンカの理由はよくあるパターンで、熱血なタイプと冷静なタイプによる衝突でした。
姉妹ケンカなので仲直りは早そうに見えて、こじらせると面倒でもあるって感じだね。
その辺りのフォローが完璧にできる、ゆうこの相談役スキルが高レベルすぎる(笑)。

何度もプリキュアに勝って少しずつハワイを凍らせてきたのに、
一度プリキュアに負けただけで全部元通りにされるマダムモメールが、
若干かわいそうに思えたなぁ(苦笑)。

今回の話の結論。
おいしいものは世界を救う!

次回はパワーアップ回のようですね。
の割には、なんだか作画がイマイチな感じでしたが、
次回は前編で、その次の後編は超作画ってことだと思いたい……。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

いつから錯覚していた? 

お盆休みですので(ぉ


最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
唐突にキリガにラブアピールをしだす獅子座の人。
もうちょっとフラグ立てはできなかったのか……。
個人的にキリガは記憶を取り戻してからの五七五がウザくて嫌いになったわ。
ソルトギャグ、三馬鹿、キリガ五七五……もう嫌だこのアニメ。
先週家に帰したキャラを、次の週でワープで連れてくる(そしてまた帰す。
なにその二度手間……。
いつからもう出番は最終付近しかないと錯覚していた?
本当にクソみたいな脚本ですね!

今回のバトル。
Uドライアン。
ダブルヒットし続ける限り何度でも回復でき、ヒット時効果でレベルも上がるので、
少ないコアで高レベルアタックを無限にできることになる。
……この効果って名前からしてムゲンにあげるべきじゃね?
まあ、連続回復は白の効果ではあるんだけどさ。
Uドライアンはコスト7なので、ダブルヒットする確立はそこそこ。
最近のデッキには全40枚の内、コスト7以上のカードが6~8枚は入ってて、
終盤となれば手札には4枚くらいは来るとして……3連続くらいは余裕でいけそうかな?
Uムゲンの効果でシンボルを増やしておくと、ほぼ勝ちが見えるな。


トッキュウジャー
小林さん脚本。
闇の皇帝が復活する話。
いつから闇の皇帝の意識は消滅したと錯覚していた?
グリッタはこのまま退場かな?
シュバルツは安定の川落ち。
っていうか、前回レインボーラインを強奪した意味とは……。
もう使わないなら破壊するとか、まだ使うなら見張りにはもっと強い奴を用意しとけよ……。
車掌とワゴンも生かしておく必要ないだろ。
というツッコミはしちゃ駄目なんですよね、はい(苦笑)。


仮面ライダー鎧武
紘汰を催眠術で味方に引き入れよう、という話。
いつから自分は人間のままだと錯覚していた?
精神攻撃は基本。


ハピネスチャージプリキュア!
第27話、恋に恋する少女の静かな溜息はLonely…満ち足りたLonelyな話(ラブライブ感

今回はキュアロゼッタの挨拶。
作画はキャラクターデザインの高橋晃さん。
あざとい(えー

原画は12人+7+高橋晃さん。
外人さんメイン回……。
そんなに悪くは無かったけど、動いてないんだよなぁ。
アップも多めだったし。

脚本は高橋ナツコさん。
いおなの熱い手の平返しにワラタw
実際のところは、恋愛することでチームワークが上がっているわけだが(笑)。

ゆうこが失恋済みというのは意外だったわ。
あれだ、『先生or家庭教師と』ってやつだな!
誰か冬の同人誌でお願いします!(マテ

つり橋効果でした、というオチ。
いつから誠司に恋していると錯覚していた?
落としどころとしては妥当だと思いました。
最後にちょっとだけ意味深な演出するのは良かったね。

ED変更。
これはこれでって感じで、個人的には前のほうが好きだなぁ。
プリキュアって後期EDのほうが微妙なパターン多い気がする。

次回は海外へ。
タイトルを『ワールドプリキュア!』に変更するべきだと思います(笑)。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

缶集めは捗ってますか? 

『艦これ』の話。
イベント始まってた。
2ヶ月ぶりくらいにログインしたけど、表示とかいろいろ変わってたのね。
保有数とかTOPで確認できるじゃーん!
で、少しだけ遊んだ結果、遊び方みたいなものをすっかり忘れていて、
思い出すのも面倒だったのでウィンドウを静かに閉じましたとさ(苦笑)。
改めて遊ぶと、なんか無駄にやること多かったんだなーって。
イベントはさっぱり仕様がわからないので、挑戦すらしませんでした(えー
生放送で配信してる人の様子を見てみたのだが、
とりあえずウチの戦力じゃどうにもならないと判断したので、
今回は完全にスルーしますわ。
天津風が道中でドロップするんですね。
これは缶を目当てに乱獲されるのかしら……(笑)。
谷風はボスドロップなのかにゃ?
で、ボーっと配信を見てて思ったのは、
陣形を選んだ瞬間にシステム内部で勝敗が決まっているシステムなんだから、
戦闘画面はそろそろスキップさせてくれてもいい気がしてきた(えー
結果だけ知らされるほうが、精神的にも楽そうだよねって思う。
なんか初心者には優しくなさそうなイベントですけど、
今後のイベントは全てこの仕様ってことにはならないでほしいなぁ。
復帰する気にならないよ……。
まあ、今回の作戦は難しいとはいえ、イベントドロップの艦娘は、
次のイベントで取れるって言われてるようなものだし、
このイベントを艦娘目当てで頑張る必要もないのかなって。
装備に関しては知らんけども。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

あなたはオンリーワンだけどオンリーワンじゃない部分もある 

話題の女子高生が起こした事件について触れておく。

早い時期から歪んだ思考を持ってしまった故の悲劇だったわけですが、
その子の異常性に親がどこまで気付いていて、どこまで対策をしたかが問われるよね。
別に生き物を殺すことは悪いことじゃないと思うの。
ただ、その理由が違うと犯罪になってしまう。
人間は日々、動物を大量に殺しています。
ただし、それは生きるために食べる必要があるからであって、
一般的にはそれを悪とは言わない。
だが、今回の女子高生の場合はただの興味でしかない。
命っていうのは己の興味で生死を決めていいものじゃないよね。
とはいえ、理由は違っても行為は同じなわけで、
この理由ならOKでこの理由ならNGっていうラインを、
子供がきちんと納得できるように説明できる親は少ないと思います。
虫一匹殺さない親なんてのも居ないに等しいわけだから、
そこを指摘されると親としても言葉に詰まりますよね。
最終的には「駄目なものは駄目」と言っておしまいってパターンが8割でしょう。
結局のところ、どう言い繕ったところで全ては人間の利己的な考えなんですよ。
マウス実験はOKで人体実験はNGとかもそうですよね。
よって、生き物を殺す行為の線引きっていうのは、言葉では伝えられないものだと思います。
ですから、「興味本位で生き物を殺しちゃいけないよ」って話を子供にするとき、
一番手っ取り早いのは本人に傷を負わせることなのかなって思います。
それは親が子供を切りつけろって言うわけじゃなくてですね、
例えば転んで怪我をしたときとか、工作をしてて指を切ったときなんかに、
「今あなたが感じている痛みは、全ての生き物も感じることなんだよ」って話をすればいいのです。
そうすれば自分と他の生き物がイコールで繋がり、
さらに痛みという恐怖によってその言葉は強く脳にインプットされますので、
結果的に興味本位で生き物を殺すことは限りなくゼロになるのではないかと思います。
『他の生き物(他の人間)と自分は違うんだ』っていう考えは危険です。
『全ての生き物が自分と対等である』という考えこそが、命の重さを知ることに繋がり、
差別を無くしていくことなどにも繋がるのではないでしょうか?

もう少し続きます。

私個人の話をしますが。
私は猟奇殺人やエログロといったジャンルを好みます。
「なんで好きなの?」って問われると、「現実離れしてるから」って答えます。
それはSFやファンタジーと一緒です。
現実ではありえないことだから、見たり読んだりして面白いと思えるのです。
もちろん、道徳的観念で見れば積極的に好き好むべきものではないですが、
その辺りは個人の自由の範疇で収まると思っています。
ところがですね、SFやファンタジーは無理でも、
猟奇殺人なんかはやろうと思えばできてしまうから危険なんですよね。
本当のところ、できればこういったジャンルは撲滅されるべきなのかもしれません。
エロなんかよりも、よっぽど規制すべきじゃないかなぁ?
人間の倫理感って、一般人からすれば強固で揺るぎないものだと信じきっているけれど、
ふとした拍子にあっけなく崩れてしまうものだと私は思っています。
それは、感情が理性を上回る頻度をみれば明らかでしょう。
人間は強くないし、周囲の環境に流されやすい生き物です。
自分を取り巻く環境によって、以前は絶対だと思っていたものが絶対ではなくなるのです。
それが悪い方向に働くと危険です。
特に生き物の命に関わる問題は、自分だけ出なく他者を傷つける可能性が高くなります。
エロは誰もが持つ性的な欲求を満たすためのものですが、
猟奇殺人やエログロなんてものは普通は持っていない欲求です。
それを満たすものを与えるリスクというものを、もっと良く考えるべきではないでしょうか?
もちろん、表現の自由というものがありますので、完全に禁止しろとまでは言いませんけどね。
とりあえず本屋のコーナーではエロと同様に、
子供が手に取れない位置に置くべきじゃないのかな?

ちなみに、エログロを好き好む人の思考は以下のようなもの。
(以下反転)
『艦これ』を例に出しますが、あの戦闘を本物の武装で行っているのなら、
被弾した艦娘は実は手足が吹き飛んだりしているに違いない。
轟沈した艦娘は内臓が飛び出したり頭が吹き飛んだりしていることだろう。
それを修理するということは最先端の医療で肉体を移植しているのではないか?
その肉体とは解体した艦娘の一部、もしくはクローンの肉体であり、
すなわち建造とはクローンを作り出すことである。
改造で見た目が劇的に変わる艦娘は、整形手術でもしているのだろう。
ケッコンカッコカリをした艦娘だろうと、容赦なく幾度も出撃させる提督は、
その艦娘が戦闘でどんなに重症を負っても最先端医療で治療し、
また出撃させるという狂気の沙汰を行っている。
「カッコカリ」なのは、そういう理由からなのではないか?
むしろ、結婚をチラつかせることによって士気を高めているとも言える。
現にレベル上限が上がるしね。
つまり『艦これ』は巧妙にカモフラージュされた非人道的グロゲーに違いない!
みたいな、ね(苦笑)。
なお、私はあの戦闘は『ごっこ遊び』だと思っておりますのでご安心を(ぉ



以上で終わります。
それでは、ごきげんよう!

不満だらけで済まぬ 

ニチアサが全部お休みとか、夏休みとは思えない仕打ち!
子供たちは朝から早起きして楽しみにしながらテレビの前に座ってるんだよ!?
それが教育番組見せられるとか、そんなのNHK教育でやってろよ!
テレビ局のお偉いさんは、子供たちのガッカリする顔を思い浮かべたことあんの?
こんなんだから日本はダメって言われるんだよ!
バーカ! バーカ!



はい。

さて、話題が無いので艦これの話をすることにする。

艦これの夏イベントが迫っていますね。
詳しくは知らないけど、今回は2作戦あって、
同じ艦娘はその内の1作戦しか参加できないとか。
つまり、「手持ちの戦力を効率よく分散させて挑んでね」ということらしい。
バカか!
効率よく分散できるほどの戦力が全提督にあるとでも思ってんのか!?
好きな艦娘だけ育ててる人は不利すぎるだろ……。
と、思うのだけど実際のところ大衆の意見はどうなんだろうね?
日頃から満遍なく育てていないのが悪い、ってことなんだろうか……。

うーん、『艦隊これくしょん』なのに実際にはコレクションするのは大変だし、
自分の好きな艦娘だけを育てていたらイベントで不利になるとか、なんだかなーって。
まあ、育成の度合いでイベントが有利不利になるとか、
ドロップor建造でのレア艦娘率が低いのはともかく、
せめて保有枠は全提督共通で無料で増やして欲しいなぁ。
そもそもの課金要素が少ないのだから枠くらい買えよ!って話はごもっともなんだけど、
『艦隊これくしょん』って名前なんだからコレクションするための枠はフリーでいいやんって思う。
むしろ課金要素は装備面にしてほしい。
強い装備を作るための設計図とかを買わせればいんじゃないですかねぇ?
それなら、俺つえー!がしたい人は喜んで買うでしょ。
その代わり、まったりプレイしたい人向けに保有枠はフリーにしてくだしあ。
で、そろそろ運or編成固定で決まる羅針盤は自動で回るようになりましたか?
実は最近まったくログインしていないんです(オイ
今回のイベントも参加する気は無いなぁ……。
所持している艦娘の最大レベルが50前後じゃあねぇ(苦笑)。
金剛型しか育ててねーっす。
そういや榛名もようやく改二になったんですね。
……やっぱり前のイラストの方がいいですわ。
改造後のイラスト変更機能を早く実装しろよ……。
こんなんだから運営は無能って言われるんだよ!
バーカ! バーカ!



はい。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!