WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤認逮捕はダメだよ 

遅れたのでおざなりに。


最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
犯人は警察だったんだよ!
あ、はい。

今回のバトル。
「Uリーンはダブルヒットしたら破壊されても回復状態で残るよ!」
「知らなかった、そんなの……」
そりゃ負けますわ。
いつもの、相手が効果を知らなくて負けるパターンでしたとさ。
うん、面白くない。
あと黄のゼロは本当にイライラさせてくれますね!
キモ過ぎるんじゃよ……。


トッキュウジャー
前回に続いて大和屋暁さん脚本。
ギャグ回として見ると悪くは無かった。
終始滅茶苦茶だったけど、最後は綺麗に落ちたと思う。
出てきた警官になんの魅力も無かったのが残念。
なんであんな奴がボスと呼ばれて慕われているのかがわからない。
あと、新サポートレッシャーの発見が適当すぎる……。


仮面ライダー鎧武
キカイダーとのコラボ回とはなんだったのか……。
というわけで、オーバーロードが街に来てしまうところから再開。
こういう事態のためのスカラーシステムだったわけだが、
作り直していたりはしないのね。
あ、市長なんていたんだ(笑)。
オーバーロードとも仲良くなる光実はコミュ能力高すぎw
死にそうと思っていたチェリーの人は、ついにお亡くなりに。
童貞だからね、仕方ないね(マテ
CM前のテロップがフラグを強固なものにしてくれましたとさ(苦笑)。


ハピネスチャージプリキュア!
第17話、誠司のために玉子焼きを作る話。

今回はキュアルージュの挨拶。
作画はキャラクターデザインの川村敏江さん。
イケメンボイスすぎる!

原画は11人+川村敏江さん。
あんまり安定してなかったかなーと。
良いところは凄く良かっただけに勿体無い。

脚本は小山真さん。
ひめと誠司に若干フラグが立った感じか。
頑張る人のために頑張る、っていうのはいいなぁと思った。
誰かが支えてくれるからこそ頑張れるわけだし、
お互いに支えあっていける関係って素敵だよね。

【悲報】戸松遥さんキャストクレジットされず!
キュアフォーチュンのキャストを明かして、
氷川いおなのキャストは明かさないって、
普通は逆じゃね?

次回はなんだか作画が大人っぽいような?


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!
スポンサーサイト

なんとかしなきゃ! 

アニメ・ラブライブ!第2期の話。

例の騒動も沈静化してホッとしている今日この頃ですが、
7話の内容についてラブライブ!のにわかファンとして、思ったこと書き残しておきます。
なんだか今回のサブタイトルは監督のことを言っているようでワラタw

そろそろ周知されたと思うけど、私は花田十輝脚本のアンチを自称しております
嫌いではなく、好きにはなれないという程度ですけどね。


予算の話って、各部活動の予算決めのことかよ!
てっきりスクールアイドルの活動費のことだと思ってたわ。
先行組みの感想を適当に流し読みした結果です(苦笑)。

一応、スクールアイドルはアイドル研究部扱いってことなのだろうか?
それとも特別扱いで学園から予算が出てるのかしら?
その辺りが知りたかったから、予算の話と聞いて期待していたのに……。
必要な予算は衣装制作費と、合宿費くらいだと思うけど、
他アイドルの研究用に雑誌やDVDなんかを買ってるっぽいから、
そこそこ貰ってる……のか?

っていうか、アイドル研究部扱いなのだとしたら、
やっぱり穂乃果たちが生徒会をやってるのは良くない気がするなぁ。
やろうと思えば予算を多めにすることもできるわけだしね。
まあ、そんなことはしないだろうし、
それを言ったら絵里たちも入部できなかったことになるんだけどさ。

生徒数が少ないから、当然部費予算も少ないし、
それでも希望の8割は分配したから許して!
という穂乃果たちのお願い。
そもそも生徒数が少ないという割りには、部の数が多すぎる気がするなぁ。
数えたところ16もあったが、それを半分にしろとまでは言わなくても、
2~3減らすだけでも予算には余裕が出るのではないだろうか?
来年生徒数が増えれば元に戻すってことにすれば良いだろうしね。
アイドル研究部以外の活動成績ってどんなものかわからないけど、
大会やコンクールの常連なら、そもそも廃校になりかけたりはしないだろうしなぁ。
ちゃんと実績のある部に予算を回してよ、みたいな話が出なかったことに驚きだわ。
『予算会議』ってことだったけど、生徒会の独断をお願いしただけで、
なんの会議にもなってないよねっていう。
各部長がみんな良い人だから救われただけなんだよなぁ……。
っていうか、各部平等になるように希望の8割で分配したってことは、
希望を多めに申請していた部ほど有利だったのでは……。

今回の穂乃果は、あまりにもほのカス過ぎてぐんにょりですわ。
予算のことでピンチになる展開も、普段はしっかりやっていた上で、
今回は(ダイエットのこともあって)たまたまミスが起きてしまった、
というのであれば別になにも言わないよ?
でも、普段からさぼっていた結果としてこういうことが起きたのでは、
穂乃果はもっと責任を感じるべきなんだよね。
絵里と希の助けを断ったのは立派だし成長したとも言えるが、
この事態を招いた要因が要因なだけに、素直に感心できないのよね……。
まあ、今回はことりちゃんも悪かった、というのもありますが、
全体的に生徒会活動をしっかりできていないのは問題だと思う。
ちゃんとスクールアイドルとの両立ができないのであれば、
生徒会なんて引き受けるべきじゃなかった。

そもそも、穂乃果は2期の第1話で『ラブライブ!』の出場を諦めてまで、
生徒会長としてちゃんとやりたいって言っていたのに、現状がこれでは話にならないですよ。
部費を決めるという大事な仕事で確認を怠ってミスを引き起こし、
他の生徒にまで迷惑をかけるという事態は、1話で危惧していた事態そのものなんですが、
それってどうなの?っていうね。
ホントしっかりしてくださいよ、脚本家さん……。

なんか花田十輝さんは、穂乃果に関して『けいおん!』の唯ちゃんの影響を受けすぎている
のではないかと思うんですよね。
自身も脚本を担当したことがあるだけにさ。
普段はおやつ食べてぐーたらしているけど、集中すれば一気にやり遂げてしまうところとか、
唯ちゃんそのものじゃないですかー!と。
別に唯ちゃんはそれでも問題ないと思うんです。
だって唯ちゃんは責任のある立場にいないわけですからね。
でも、穂乃果はμ'sのリーダーで、しかも今期に至っては生徒会長ですよ?
いくら穂乃果がそういうキャラクター設定であっても、それが適用されるのは1期まであって、
生徒会長にした以上、今期はもっとしっかりさせるべきだと思うんです。
なんていうか、あまりにも危機感が無さ過ぎる……。

今回の話は、『ほの・うみ・こと』の絆を描いていたわけですが、
それにしたって、もうちょっと別の角度から入ることはできなかったのかしらね?
あまりにも穂乃果に対して良い印象が持てないのが困る。
前半のダイエットの話にしてもそうだけど、ランニングの途中でご飯を食べるとか、
海未ちゃんに申し訳ないとか一切考えてないよねっていう……。
しかも、あの場面は後輩を物理的に引き止めてまで巻き込んでいるのが、
なおさらタチが悪い……。
花陽がご飯に惹かれて、それを穂乃果がたしなめるのが普通じゃないのか?
なんで逆にしてギャグにしてしまったんだ……。
そういうのホントに笑えないのでやめてください。
花田十輝脚本が好きになれないのはこういうとことなんだってば!
あの場面は声優さんのアドリブ演技に救われたわ……。

つーか、そもそもダイエットって題材がなぁ。
穂乃果より体重のある子もいるわけだし、増えたって言っても3㎏とかだろ?
それくらい手遅れってこともないと思うんだ。
一気に増えたとしたら、ダンス練習してるはずなのにおかしいってなるし、
少しずつ増えたのなら成長の範囲内じゃないの?

あと、細かいことだけど、穂乃果たちは美術部に行って、
ちゃんと部員全員にも謝罪するべきだったと思う。
じゃないと、責められた(かもしれない)部長さんが可哀相だよね……。

とまあ、いろいろと邪推して文句を垂れましたが、
真姫ちゃんが可愛ければなんでもいいです(えー
あと今回のにこちゃんって、ちゃんと部長として予算申請してて感心したわ。
さらに、「多めにして」なんて言いつつも、真っ先に穂乃果たちのお願いを受け入れてるし、
さすがにこちゃん!頼れる先輩!


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

種田梨沙さんボイスが大好きです 

【艦これ】の話。

拡張作戦追加だそうで。
新駆逐艦娘の浦風と出会えるようですね。
あの……もう駆逐艦はいっぱいでち……(枠的な意味で
でも、青髪でおっぱいあるし可愛いな!
手持ちの連装砲銃は商品化して欲しい(笑)。

羽黒が改二になれるよ!
悪くは無いけど、前の絵の方が好みかなぁ……。
台詞との相性的にもね。
台詞といえば、明石の台詞を収録した時に、
種田梨沙さんの担当キャラを一気に追加収録したみたいだね。
残念ながら涼風は手放していたけど、五月雨は最初の子なのでずっと育ててるよ!
放置ボイスにワラタw

龍驤も改二になれるよ!
こちらは劇的に良くなったな!
改のイラストに絶望してお別れしなくて良かった……。
今はLv25で止まってるけど、頑張って育てるよ!(手の平クルー

……あの、榛名の改二はいつでしょうか?

さて、久しぶりの大型建造報告。
大鳳狙い空母レシピ(4000/2000/5000/6000/20)。
イベント後に三回やったよ!

一回目、飛龍!
二回目、蒼龍!
三回目、加賀!

うん、知ってた!

大和レシピトータル=伊勢、山城、山城、日向、山城、まるゆ、
            比叡、陸奥、日向、伊勢、大和!
大鳳レシピトータル=蒼龍、翔鶴、飛龍、蒼龍、加賀。

関係ないけど、圧倒的な家具コイン不足に悩まされております……。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

ハッピーハロウィーン(の一部内容について 

アニメ・ラブライブ!第2期の話。

2話以降の脚本は、それなりに言いたいことはあれど、
特別酷いってわけではないから傍観を続けよう、
と思って見ていたのですが、
第6話において重大な問題が発覚したので、
さすがにこの話題には触れねばなるまいて……。
というわけで、ラブライブ!のにわかファンとして、思ったこと書き残しておきます。
ちなみに、生放送で散々語っていたりはするんだけどね(コミュ限ですが

人気アニメ「ラブライブ!」に盗作疑惑!?
海外ドラマ「glee」と酷似していると指摘されネットで炎上中!

これが現在、問題になっている事案です。

ハードロックバンド「KISS」の格好をするのはパロディの範囲だと思う。
でも、「glee」のシーンを使ったのはオマージュの範囲を超えて、
盗作だと言われても仕方がないかなーって思う。
比較動画は著作権上の問題があるので、ほぼ残っていませんが、
私は消される前に確認できたので見たんだけど、
これは一般的に見てアウトだろう……と。

台詞は全部一緒ってわけじゃなかったけど、一部はそのままだったし、
それよりもまず構図が似すぎているんだよなぁ。
せめて構図か台詞のどちらかはまったくの別物にするべきだったと思う。
それに台詞だけなら、たまたま同じになったって可能性も残るし、
実際、世の中探せば同じような台詞は山ほどあるわけだしね。

今回の絵コンテは監督の京極尚彦さん本人が描いているわけだから、
監督が意図的に盗作したのは確定事項なんですよね。
じゃあ、脚本のほうはどうなのかと言うと、
京極「絵コンテに『glee』のこのシーンを使うから、台詞もそこから引用してね」
花田「はい、わかりました」
ってことなら同罪ですね。
京極「このシーンはこういう台詞に変えてくれない?」
花田「え? はぁ、わかりました……」
ってことなら被害者かなーって。
ただ、今回のクレジットには脚本・花田十輝ってなってて、
第1話のように京極尚彦さんと連名にはなっていないんですよね……。
なので、京極監督の指示で花田十輝さんがそのように書いた、という可能性のほうが高くなる。
単なる推測で、まだ確定ではないけどね。
例2程度のやり取りなら連名にするほどでもないだろうし。
でも、もし例1のやり取りがあったのだとしたら、
そこは監督に意見しなかった花田十輝さんの罪は重いよなぁと。
それは良くないと思うので同意できませんとか、
どうしてもやれというのなら脚本を降ります、くらい言うべきだったと思う。
花田十輝さんは第1期のときも京極監督の意見によって、
本来自分が書きたかった脚本とは違うものにしなければならなくなったわけだし、
いつまでもYesマンを続けてちゃダメだと思うんだ……。
監督の権限の方が脚本家より上だとは思うけど、
明らかに今回の件に関しては従っちゃいけないやつだったわけですから、
流石に断るべきだったんじゃないかなぁ……。

個人的には、オマージュすることを悪いとは言わないよ。
ただ、許可を取っていないオマージュは盗作になる危険を常に孕んでいるわけです。
それを理解しているかしていないか、というのは大事なところだと思う。
今回のラブライブ!のワンシーンは「glee」のオマージュですと言われても、
向こうが著作権の侵害で訴えてきた場合どうするの?っていうね。
個人で作る創作なら、ごめんなさいして法律に従えばそれで済む話だけど、
アニメーションという複数の関係者が関わる媒体においては、
被害を受ける範囲が個人の範疇より遥かに広いわけですから、
その危険を孕んだ内容を作って世に出すっていう行為は、
極力避けるべきだと思うんだよね。

大体、あのシーンを「glee」からオマージュして描く必要がどこにあるんだ?
っていう疑問があるんですよね。
だって、なにひとつメリットなんて無いでしょ?
構図も台詞も自分達で考えたもののほうが、絶対に良いと思う。
オマージュするってことは、自分達の作品に他者の作品をはめ込むってことだから、
結果的にオリジナリティを捨てることになる。
よっぽど優れたシーンをオマージュするならともかく、
自分達で考えて作ることのできるシーンをオマージュする必要なんてどこにもない。
だから私は、あのシーンを「glee」のオマージュだとは思わない。
「考えるのが面倒だったから盗作しました」ってことだと、私は判断するし、
されても仕方が無いよね。

でもまあ、盗作しただけのことはあって、
台詞そのものは、悪くないことを言っているのではないかと。
にこちゃんが焦りによってイラ立っているのもわかるし、
一方でことりちゃんは、みんななら現状を打破できることを信じて、
自分の役割をまっとうしようとする姿勢も評価できる。
でも、「みんなはライブの他の準備があるから」って花陽ちゃんが言うけども、
他の準備って具体的にナニよ?って思った。
なんとなく想像はできるけど、衣装作りが損な役回りで、
他の準備は損な役回りじゃないっていうのもおかしな話なんだよなぁ。
なので、にこちゃんの「損な役回りに慣れちゃってるんじゃない?」という言葉は、
ちょっと違和感があったね。
で、役回りって話をするなら、今回の話のメインはそこにするべきだったと思う。
「A-RISEに勝つにはインパクトが必要なのよ!」から始まってギャグシーンを描くのではなく、
「A-RISEに勝つために自分達の役割を再確認しましょう」から始まってまじめな話にするべき
だったのではないかと。
その中でちょっとコミカルなシーンがあるくらいで良かったと思うんですよね。
とはいえ、このシーン自体が盗作によるはめ込みなので、
自分達の役回りについてを話のメインにするもクソも無いんですけどね!!

A-RISEに勝つためにインパクトを求めて、みんなが変わろうと努力してみたけど、
元々みんな個性的で(=インパクトがあって)、
それを受け入れ合って来た今のμ'sがわたしは好きだから、
今のまま変わらなくてもいいんじゃないかな?
という穂乃果の結論。
(ここも一部の台詞が「glee」内での台詞と似てたりするんだけど、構図は違うからセーフで)
結論としては良いまとめだと思う。
でも、「どうしたらいいんだろう?」と言った花陽に対して、
「それはまた明日考えましょう」と答えた絵里のシーンと繋がらない。
穂乃果の結論は、ちゃんとみんなの前で言うべきだったのに、
なぜ絵里だけに伝えたのだろうか?
後半になると1シーン1シーンがぶつ切りで、
前後のシーンとほとんど繋がっていないのが気になるんだよなぁ。
いや、まあ、原因は「glee」のシーンをはめ込んだからなんですけども……。

「ハロウィンって昼と夜とじゃ印象が全然違うんだね」と言った穂乃果の台詞も、
どこにも繋がっていない……と思われるかもしれませんが、
実はこの台詞が回収されるのはライブパートでして、
穂乃果から希にセンターが入れ替わるところは、
このときの穂乃果の台詞が関わっているのだろうと思われます。
だからね、そういうところをちゃんとしてほしいんですよ。
『あの時こう思ったから、こうしよう』って穂乃果が提案するシーンが
省略されているのが勿体無いと思うんですよ。
「いいわね。曲の途中でセンターが変わることで、
曲全体のイメージが変わればインパクトも出るし」
っていう会話に繋がっていくじゃん?
そもそもインパクトを出すためにどうすればいいかって話をしていたのだから、
こういう風に繋がって終わるのが自然だと思うんですけどねぇ……。
上記の穂乃果の結論を述べた上で、「そうだ、ハロウィンの様子を見て思ったんだけど~」
という風に繋げれば話の流れもスムーズだと思いません?
そうすれば「glee」のワンシーンをはめ込む必要だってなかったかもしれない。

穂乃果が上記の結論に至った過程がなにも無いのも気になるところですよね。
恐らく希経由で、ことりとにこの会話が穂乃果に伝わった結果なのだと思うけど、
描写されているわけではないのでなんとも言えないんですよねぇ……。
ぶっちゃけ、上記の結論に至るだけなら、モノマネのシーンだけで回収できると思う。
あのシーンが一番メンバーの個性を再認識できるところだったと思うので。
「でも、こうして見るとみんな個性的で、それぞれにインパクトがあるよね」って穂乃果が言うだけで、
問題はほぼ解決していたはずなんだ……。

って考えると、実は花田十輝さんはそういう方向で脚本を書いていたのに、
京極監督が「『glee』のこのシーンを入れて」と指示してきたがために、
予定していた内容をカットしてねじ込むハメになり、
後半はぶつ切りなシーンの連続になってしまった?
という可能性もあるね。
私は花田十輝脚本のアンチを自称していますが、
今回の件は花田十輝さんを擁護したいなぁ。
別に本人のことは嫌いってわけじゃないですしね。
真相がわからないので、早く公式の発表がほしいところです。

今回の件で、京極監督の絵コンテ回は全部検証されるのでしょうね。
そしてまず間違いなく、今回だけではなくて、
過去に遡ればオマージュのつもりの盗作に該当する箇所は存在するのだと思う。
さらには、実は関係のないシーンまで無理やりこじつけて盗作したと言われたりもすると思う。
それはとても残念なことではあるけれども、それでも私はアニメ・ラブライブ!が好きだよ。
盗作したシーンはあっても、キャラクターの魅力を押し上げたのはやっぱりアニメの功績が大きいし、
作画もライブパートも質が高くて見ていて楽しいですしね。
ぶっちゃけキャラクターが可愛く描けていれば、絵コンテや脚本なんて目をつぶれるさ。
第1期もそうだったしな。
にこ真姫を見てニヤニヤできればそれでいんで、今後もそんな感じでお願いします!
シリアスパートには期待していないし、大なり小なり不満が出るのもわかっているので、
盗作でもなんでもいいよ(マテ
訴えられた時に身を切る覚悟があるなら好きにすればいいんじゃね?(えー

とりあえず、7話は特に問題なかった模様?
まだ見ていないけど、μ'sの活動予算についての話が出るそうなので期待したい。
予算に関しては第1期から謎だったしな。


長々と書きましたが以上で終わりです。
全文読んでくれた人はありがとうございました。
それでは、ごきげんよう!

相反するもの 

最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
話の流れが唐突じゃね?
ソルトが負けた時、ライラは現場には居なかったわけだし、
「わたしがもっと強かったら守れた」ということにはならないと思うのだが……。
ぶっちゃけ、バトスピに負けたら相手の要求を絶対に聞き入れなければいけないという、
『銀河バトスピ法』そのものがおかしな法律なんだよなぁ……。
バトスピが強くなるよりも、法律家になって法の改正をするとべきだと思うわ(えー

今回のバトル。
エリス「ペンタンが好きなのでブロックして破壊するなんてとんでもない!」
ライラ「あ、はい……」
エリス「と思っていたけど、負けそうなのでやっぱり全力で叩き潰すわ!」
ライラ「あ、はい……」
エリスってそういうキャラじゃないと思うので、今回はなんか釈然としなかったわ。
バトル内容自体は、先週書いたコンボを実行していたので良かったわ。
まあ、ペンタンデッキは高コストのスピリットをあまり採用しないので、
ヒットする確立がかなり高いために成り立ったとも言えるけども。


トッキュウジャー
大和屋暁さん脚本。
ここにきて脚本がいつもとは違う人に。
そして小林さん脚本よりも良かったというね。
ミオがライトの自由人っぷりに怒りを覚えるわけですが、
だからと言って正面からケンカするようなことにはならず、
周りの仲間がしっかりと仲裁役になってくれていて、
過去の記憶を思い出すことで、ミオ自身もライトの性格を改めて認識し、
お互いに信じあえる存在だということに気付くという、
実に素晴らしい脚本でしたわ。
新しいサポートレッシャーの使い方も良かったと思います。
ただ、敵が撃ったのがかなり高熱量な光線技なのに、ビルは破壊されずに燃えるだけで、
しかも火を消してしまえば無傷というのには違和感があったけどな(苦笑)。
ビルの中に居た人はどうなってどうなったんだろう……という疑問(笑)。


仮面ライダー鎧武
キカイダーとのコラボ回。
毛利さん脚本。
映画の宣伝なので、前回の話との繋がりは皆無。
ぶっちゃけ、今回の話って必要なかったよね?っていう。
まあ、「戦うための力があるのに、それを使わなくて後悔しないのか?」という
紘汰の問いかけなんかは良かったと思うけどね。
っていうか、毛利さんはコラボ脚本の作りが上手いですよね。
今回の話を単体で見るなら、上記のシーンを含め、とても良くできていたと思います。


ハピネスチャージプリキュア!
第16話、マスゴミの話。

今回はキュアベリーの挨拶。
作画はキャラクターデザインの香川久さん。
10周年=完璧って、どういうことなのか良くわからないです(笑)。
あんまり個性のないキャラだから、台詞で個性を出すしかないので仕方ないね(えー

原画は青山充さんお一人+香川久さん。
さすがに絵コンテと演出は別の人がやっていましたが、
相変わらず原画全部を一人でこなす青山さんはスゲーな!
大きな崩れも無く、そこそこ安定しているから、なお凄い。

脚本は田中仁さん。
後半の流れとラストは非常に良かったのですが、
前半のマスゴミっぷりにゲンナリしてしまいましたよ……。
アレがなければ、良い話と言えたのだけども……。

自分がプリキュアになりたいから正体を探って近づこうとするとか、
自分勝手で他人の迷惑とかなにも考えていないんだよなぁ。
正体が全国ネットで知れ渡ったらプリキュア活動にも支障が出るかもしれないとか、
まったく念頭に無さそうだよねっていう。

助けてもらったから自分もプリキュアになりたい、という設定にせずに、
助けてくれたプリキュアに恩返しがしたい、とかでも良かったと思うんだ。
いつか自分を助けてくれたプリキュア本人にお礼が言いたいの、みたいなさ。

で、美代子さんを助けたのはキュアテンダーなんだろうね。
すでに倒されていることを美代子さんは知らないのか……。

【速報】戸松遥さんモブの声で出演!
……なんでや!

次回は誠司がメインの話。
予告を見ると、ひめにフラグが立ちそうな感じだったが?


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

危ないところだったぜ…… 

最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
ソルトの過去回想……。
あっ……(察し
って、簡単に直ったw

今回のバトル。
ソルト、まさかのマナブをリスペクトw
爆砕轟神掌があれば勝ってたかな?
負けフラグを立てるように誘導する獅子座の人は卑怯だと思いました(えー


トッキュウジャー
小林さん脚本。
闇の皇帝が記憶を戻すお手伝いをしてくれる話(ぉ
感動的な話……だったのか?
なんだかよくわからないけど、急に過去の記憶を思い出したら、
みんなが幻術を打ち破りました……ってだけなんだよなぁ。
これといって何かをしたわけじゃないっていうのがね……。
ライトは生身で敵の攻撃が直撃したのに出血すらしていないのはおかしいと思うの。
グリエッタが電車に乗ってるシーンは、一ヶ月くらい前に撮影風景の画像が出回ったよね。
敵サイドは、なんだか昼ドラっぽくなってきたw
ロボット全合体!
ってやった直後の次週には、また新たなサポートレッシャーが登場するのか……。
最終的に何車両で連結するんだろうね?


仮面ライダー鎧武
メロンの人、死んでないフラグを即回収。
凌馬「あの高さから堕ちたら、まず助からんだろう」(棒
禁断の果実こと、知恵の実。
あんまり良いものじゃなさそうな感じだなぁ。
せめて美味しいといいね!(そういう問題じゃない
紘汰「話し合いが大事だ」(物理
バナナの人の影響受けすぎぃ!(笑)
チェリーの人はそろそろ死にそう……。
次週ですが、ここにきて映画の宣伝コラボだと……?
もう、そういうのいらないよ……。


ハピネスチャージプリキュア!
第15話、母の日の話。

今日はキュアメロディの挨拶。
作画はキャラクターデザインの高橋晃さん。
腋々大サービスだと!?
しかも、くっそかわいいじゃないですかー!
関係ないけど、今回ひめが「絶対に許さない」って言ったのでワラタw
冒頭挨拶に合わせて、響リスペクトだったのか?(笑)

原画は14人+高橋晃さん。
安定していましたね。
作監が星野守さんだけだったらと思うと……。

脚本は大場小ゆりさん。
戦闘シーンが多めだったので、物語としては普通な感じに。
弱体化している状態で戦闘シーンが多めに描写されてもなぁ……。
さっさと逃げ帰って、物語の部分を濃密にしてほしかったわ。

次回はマスコミさんの話。
あぁ、ついにメイン回が来ちゃったか……。
現状では、あまり好きじゃないのですが、
メイン回で良くなるのか悪化するのか……。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

おう、景気いいな! 

【艦これ】の話(ちゃんと画像付きだよ!

提督「くぅ~、疲れました! これにてイベント終了です!」
霧島「作戦完了、艦隊帰投します。戦果をご確認されますか?」
提督「うむ、苦しゅうない」
戦果
霧島「新しい艦船のお知らせです」
提督「キタコレ! イベント完全勝利!」

というわけで、無事に谷風をドロップしてイベントを終えました。
初風か卯月が欲しかったのだけど、舞風も充分嬉しい。
何気に衣笠も持っていなかったので、これでようやく任務をクリアできるわ。
そして瑞鶴も手に入れるのが難しい艦なのでありがたいね。
翔鶴は既に居るので、これでこちらも任務をクリアできるようになりました。
なお、E-4の攻略は諦め、E-3で資材を溶かしながら頑張りましたよ!
遠征しながらだったので、弾薬にはまだ余裕があるけど、
鋼材は供給が追いつかなかったわ。

※備考
画像に無いドロップ艦のリスト(E-3ボスマスS勝利時のみ記載
日向、加賀×2、利根×2、筑摩、愛宕、夕張×2、阿武隈。

レベル
レベルはこんな感じに。
北上、金剛型、加賀、蒼龍でE-3に挑んでいたので、
それらのレベルがバンバン上がりました。
イベント開始前は30~35しかなかったんだぜ……(笑)。

ところで、1枚目と2枚目の画像を比較してよく見ると……?
ええ、谷風は2隻ドロップしましたよ!(笑)

アイテム
バケツはこんな感じ。
イベント開始前は600個ありました。
こちらも任務や遠征で回収しつつだったので、そこまでは減ってないかな?
勲章の数は1-5攻略時のものを含んでいます。

祝 一周年
最後は現在のお部屋デザインを公開するついでに、谷風の中破絵でお別れです。
谷風「冗談じゃないよ、こんな姿、誰も見たくないんだよぉ……」
提督「いやいや、大人気じゃないですかぁ(いろんな意味で」
谷風「かぁー、なんてこった!」

それでは、ごきげんよう!


>>コメント返信
イベ乙でした。
ダブった艦娘は資材で他提督とトレードできてもいいと思うんだ!
まあ、同じサーバーじゃないとダメですが。
司令部レベルはオリョクルしてると上がるね。
ただし、もらえる経験値は全部潜水艦に行くので、
司令部レベルは上がっても艦娘のレベルはほとんど上がっていないという(苦笑)。
司令部レベルが上がるとイベントの難易度も上がるので、次のイベントが怖い……。

キミが見せたのは光か闇か 

GWだったし、艦これイベント中だし、ソシャゲもあるしで、
録画消化どころじゃなかった!


最強銀河 究極ゼロ(バトスピ
あら、エリスもアルティメットシンボルを手にするのね。
エリスも過去が語られてはいないけど、
別に記憶が無いってことはないのかしら?
ってか、正義のために戦ってきたって言われても、
あんまりそういう描写ってされていないんだよなぁ。
エリスが選ばれた理由は、もっと別にあっても良かったと思う。

エリスが手に入れた三龍神ですが、シャイニングドラゴンかと思ったら、
ロードドラゴンセイバーの方かよ!
エリスはバースト使いってわけでもないのに……。
で、ロードの名は無くなってしまったUセイバーですが、はっきり言って弱いわ。
ライフ回復はリザーブからだし、トリガーヒット+バーストセットで自身回復って……。
それってつまり、トリガーヒットしてもバーストセットできなかったら、
ただのバニラアルティメットですよ!?
せめてトラッシュからセットさせてくれてもいいんじゃないですかねぇ……。
もしくは、『自分のセットされているバーストの発動条件を無視して発動でき、
さらにメイン/フラッシュの効果をコストを支払わずに発揮できる』とかさぁ……。
『このアルティメットがいる限り、自分のセットされているバーストは相手の効果を受けない』
みたいな常時効果もあると尚良しだったと思う。
こんな弱いアルティメットが三龍神とか、片腹痛いわ!

コンボで使うとしても、う~ん……。
エリスのUヴァリエル&Uセイバーデッキのように、
Uセイバーでバーストマジックを消費して連続アタック、
Uヴァリエルでバーストマジックを回収し、
再びUセイバーで連続アタックって動きはできるね。
バーストはセットされていても別のをセットできるので、
上書きセットでトラッシュにバンバン送れるし。
問題は、トリガーがヒットしないといけないことと、
バーストマジックを多めに入れないといけないことだね。
Uヴァリエルにいたってはクリティカルヒットしないといけない。
入れるバーストマジックは、アタック強制終了系をガン積みすれば良さそう?
Uセイバーの連続アタックはトリガーカウンターが怖いね。
……ぶっちゃけ、このコンボは機能しないと言っていいと思う。
完全に運頼みだし、相手が使うアルティメットの方が強いだろうから、
Uセイバーが生き残りそうに無いしで、実用性の低いロマンコンボデッキでしかないわ。

今回のバトルについて触れていないので最後に一言だけ。
相手が効果を知らない初使用のカードを使った方が勝つ法則はなんとかしろ!


トッキュウジャー
小林さん脚本。
闇の皇帝が現れる話。
シリアスな展開になってきたのだけど、
敵側の内情がドロドロしてて危機感が薄い。
でもって、カグラのチート能力は、
都合が悪いと使わなくなるから困る。
使った上で負けるのなら、なにも文句は無いのだが……。
ロボット戦ですが、合体技って言うけど、
一箇所に集めて攻撃しただけじゃん。
同時ですらない時間差攻撃だしさ。


仮面ライダー鎧武
メロンの人、死亡フラグを回収。
そして崖落ちという死んでないフラグを建設。
DJの人が助けるという想定をしていないのはバカなのかね?
光実は、そろそろなにがしたいのかわからなくなってきた。
オーバーロードと和平を結んで平和になるなら、それで良くね?
研究施設が破壊されて、施設内のクラックが閉じちゃいました。
ベルトを付けていればお腹が減らなくなるって設定があるので、
帰れなくなっても問題は無いのか。
ってかチェリーの人は、そこまでして童貞を卒業したいのね(違


ハピネスチャージプリキュア!(祝・シリーズ放送500回
第14話、ハマグリがくぱぁする話(そうだけどそうじゃない
ちなみに顔射もあるよ!(ヤメロ

今日はハピメスチャージプリキュアの挨拶。
作画はまさかの青山充さん。
キャラクターデザインの佐藤雅将さんじゃないのね。
別に今は忙しいわけでもないと思うのだけど……。

原画は15人+4人+青山充さん。
外人さん15人という、わかりきっていた酷さ。
500回記念の放送が、こんな酷い作画って……。
日本人4人は、必殺技シーン担当かな?

脚本は高橋ナツコさん。
空気の読める主人公たちが素敵でした。
卓真くんのヒーローごっこを呆れる子はいれど、誰ひとり否定はしない。
その優しさによって、見ていてとても気持ちの良いハートフルな
ストーリーになっていたと思います。

真央ちゃんは作中で二度も犠牲になるとか、シリーズ初じゃね?
真央ちゃんとえりちゃんを庇って、
卓真くんだけが犠牲になったので良かったのでは……。

めぐみにブルーとの恋愛フラグが立ちました。
いやいや、さすがに唐突すぎるだろ!(笑)
こりゃ誠司の方には、ひめかゆうこがフラグを立てそうですな。
場合によってはややこしい恋愛関係になりそうでwktkですよ!

アバンに話が戻るけど、プリキュアハンターによって
次々とプリキュアが倒されている件。
予想していたけど、この展開はちょっと……。
同人誌が捗りそうで大きな子供たちは嬉しいかもしれないが、
小さい子供たちはショックを受けたりしないのだろうか……?
っていうか、マスコミさんのテンションがおかしいだろ。
なんの危機感もない自己アピールっぷりにイラっ☆としたわ。
なんでそんなテンション高いんだ……。
しょせん他国の話だし、くらいに思ってるんですかねぇ?
好意的に解釈するなら、不幸に負けずに明るく振舞っているとも取れるけどさ。

次回は、ひめの里帰り。
お母さんに会いたいってことですが、お父さんは?


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

不幸の風は吹いた 

【艦これ】の話。

E-3クリアしました。
いつものように画像は無い(えー
イベント最終日くらいは用意したいと思う(するとは言っていない
ドロップ?
不幸妹でしたが、なにか?
山城は好きだからいいんだ……(イベント前までは山城がトップエースでした
E-3を挑んでいる間に北上は改二になったよ!
イベント開始直後はレベル30だったのに(笑)。
戦艦(金剛姉妹)も50近くにまで育ったわ。
次のイベント中には改二になるかなー(ぇ
それにしても何故か金剛だけが大破しまくって泣きそうになった。
危うく鋼材が8000切りそうだったわ。
というわけで、ここを回すのは資材がキツイので、レア艦掘りはE-4で頑張ろうと思う。
でも、地点Dを抜けるのが無理ゲー(苦笑)。
駆逐と軽巡の平均レベルは30しかなく、近代化改装もほとんどしてないからなぁ。
火力と装甲はMAXにしないとダメだなぁ……。
まあ、バケツには余裕があるし、フルブッパするつもりで回数重ねることにするわ。
追記、E-4無理! ボス前で大破しすぎってレベルじゃねーぞ!

どうでもいいことかもだけど、浜風の背景は金色より銀色のままのほうが良いね。

それでは、ごきげんよう!


>>コメント返信
ドロップは持ってる子ほど出てきやすい気がするよね。
物欲センサーって怖いので、期待しないで無心でイベント周回しよっ!
なーに、まだ時間はあるさ!(楽観視
資材があるならE-3、駆逐艦が育っているならE-4を周回する感じかな?
私はE-3を周回することになりました。
E-4はどうしても大破して先に進めない……。
ビスマルクは指定された条件さえ満たしていれば簡単に出ると思っていたが、
別にそんなことは無かったようですね……。
私はまだ海外艦を迎えていないので、ビス子建造で泣くのはもうしばらく先の話(苦笑)。

風が吹かない…… 

【艦これ】の話。

春のイベントE-2をクリアしました。
画像は無い(えー
イベント攻略と平行して演習でレベル上げ。
おかげで燃料と弾薬がガンガン減る(苦笑)。
結局、クリアまでに4~5ほど上がって平均42でクリアしました。
あ、ドロップですか? 日向でしたけど何か?
出会ったことの無い子が来てくださいよぉ……。

レア艦掘りよりはE-3を攻略を優先しようかなぁ。
よし、まずは三式弾を開発しないとな!(ぉ
攻略自体は大和が居るから、なんとかなるなる!(慢心
ってか弾薬消費がやべぇ!(苦笑)

追記<<
北上、金剛(水上、21号)、榛名(三式弾、水上)、霧島(三式弾、水上)、
加賀(対空機×3、彗星×1)、蒼龍(対空機×3、彗星×1)でGO!
司令部レベルが76しかないので、Aルートが楽と判断。
陣形選択は単横、複縦、複縦、単縦。
結果、全隻が中破or小破はしたが、ボスにS勝利が取れました。
制空さえ取ってしまえば、戦艦の連撃で余裕ですわ。
ほぼ満遍なく被害を受けるのでバケツがマッハで減るのと、
ボスは夜戦で討ち取るため弾薬もマッハで減るのがツライ。
でもまあ、クリアはできそうなので頑張るわ。

個人的に一番驚いたのはボスに台詞が表示されたことですね。
陣形選択→目をつぶって祈る→ボイスが聞こえてこない→
(猫ったか?)と目を開ける→??!!!!ってなった(笑)。

それでは、ごきげんよう!


コメント返信<<
E-3、あと1パンでクリアってとこまできた。
なぜか毎回のように金剛が大破して帰って来るので、
鋼材もヤバくなってきた(苦笑)。
谷風は引けずにイベントが終わりそうで怖い……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。