WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

今年の終わり 

今年も終わりですね。
まあ、別に話題もないんだけどさ……。

さっきまでラジオを聴いてた。
ストウチの二期は見れてないんだよなぁ。
映画化されるのも初めて知ったわ。
まさかのベルト発言には笑ったw

さて、紅白が始まりましたね。
今年は紅が勝つと予想。

最後に、週に1回の更新がほとんどでしたが、
ここを見てくれてありがとうございました。
来年も変わらず更新していく予定ですので、
暇な人はのぞきに来てくださいな。

今年はこれで以上となります。
それでは、また来年まで……ごきげんよう!

恋人たちの日 

えーっと、クリスマスですね。

WHITE ALBUM2をプレイしているので、その話を少し。
『introductory chapter』は『closing chapter』が発売される
3日前に終わらせました。
『closing chapter』が届いてからは、
まず2つのデジタルノベルを読んだ。
こちらのほうが本編より面白かったわ。
まあ『closing chapter』の本編はこれからだけどね。

丸戸さんのシナリオは今作が初めてだったんだけど、
なんか思ったより読みづらかった。
会話で地の文が分断されるのが苦手なんだよね。
台詞が間に入ると前の文を忘れてしまう。
地の文は長くなってもいいから、
キリよくまとめて欲しいなぁと。
あと、些細なことだけど、『…』の使い方が
一般的な使い方じゃないのも、
少し違和感があった。

『introductory chapter』の2周目なんだけど、
あれは1周目からオープンしてもいい内容だよね。
ぶっちゃけ2周目って未読の回収プレイであって、
既読はスキップする人が多いから、
ああいう内容を2周目に入れても楽しめない。
一番真剣にプレイするのは1周目なんだから、
最初から全力を出すべきだったんじゃないかしら?
どうせなら、ヒロイン視点をすべて2周目に入れるべきだったと思います。
中途半端に1周目からヒロイン視点を入れたのは何故なんだろう……。


以上ですの。
それでは、ごきげんよう!

聖なる夜に 

デジモンクロスウォーズTH。
吉田玲子さん脚本。
クリスマスにちなんだ話じゃないのね。
銀河鉄道のように宇宙にまで行けば、
もう少し面白くなったんじゃないかしら?
とはいえ、設定的に難しいかな?
設定と言えば、なんで時計屋のじいさんは
クロスローダーを渡したんだろうか?


バトスピ・覇王。
バトスピサンタは何者なんだ(苦笑)。
つか、せめて壊した入口は直して帰れよw

今回のバトル。
最初にワンケンゴーでアタックしたのは
プレイングミスだよね。
【激突】持ちはバースト召喚を警戒して
アタックを残しておくべきだよなぁ。
しかしショカツリョーは弱いな……。
まったく使う気になれないわ。


ゴーカイジャー。
バトルフィーバーの大いなる力をもらう話。
うん、面白かったですよ。
戦闘アクションは少し物足りなかっただけど、
技の連発や、特殊チェンジとか、
ロボット戦での大盤振る舞いなど、
子供達には喜ばれる内容だったと思います。
お話の内容も敵のユーモラスさもあって楽しめました。


仮面ライダーフォーゼ。
新しい仮面ライダーが登場。
名前はコスモかな?と思ってたらメテオだった。
えーっと、拳法使い?
こういう戦いをするライダーは初めてだね。
これはベルトの力なのか、
それとも中の人が拳法使いなのか……。
次回予告のイケメンっぷりからは、
あの「ホアチャァー」は想像できない(笑)。


スイートプリキュア。
第44話、ノイズが完全復活する話。
原画は15人。
まあ問題はなかった。
戦闘シーンはあって無いようなものだったけどね……。

脚本は成田さん。
うむ、これは良かった。
響の台詞も主人公らしくて良かったし、
新しい音楽を生み出すことで、
ト音記号が復活する辺り、
上手いなあと思いました。
しかし、空飛ぶ講堂にはビビった。
パイプオルガンが必要なんだろうけど、
あんな派手な移動したらまた音が
ズレるのではないかと心配になった(苦笑)。

最終決戦が近いようだけど、
50話まであるのかしらね?

温かな心で 

一日遅れましたが恒例の。

デジモンクロスウォーズTH。
米村さん脚本。
親子のお話は得意分野だからね。
安心して見れる内容だったわ。
最後に少しだけど戦闘シーンもあったし、
上手くまとめていたと思います。


バトスピ・覇王。
修業の話はいつまでやるのかしら?
あまり成果が出てるようには見えない。
バトスピフェイスも意味なかったし……。

今回のバトル。
カグヤは想獣なんだよなぁ。
能力的にもいまひとつだし、個人的には微妙。
BPを比べ相手スピリットだけを破壊したときに、
なにか効果があれば……。


ゴーカイジャー。
ダマラスを倒す話。
うむ、やはり嘘だったか。
だけどその嘘を本当にしようと立ち上がるハカセは格好よかった。
すぐに処刑しない=救出されるフラグ(笑)。
ハカセが来なければ、バスコが助けてたんだろうか?


仮面ライダーフォーゼ。
引き続き三条さん脚本。
もはや三条さん脚本が当たり前になってきたね。

ロケットとドリルがしばらく使えなくなりましたが、
別に使えなくても困らないよなぁ。
変身も問題なくできるみたいだしさ。
幹部を増やすためにスイッチを使わせてたのか。
仔犬座から蠍座に進化するとか意味がわからないけど(苦笑)。


スイートプリキュア。
第43話、不幸のメロディが完成する話。
サブタイトルでネタバレするのはいかがなものか。
原画は23人。
人数のわりには、イマイチな作画だったかも。
戦闘シーンはよく動いてたけどね。

脚本は米村さん。
デジモンとは違って、こちらは敵と和解するお話。
米村さんに任せて正解だったと思います。
ドキドキさせるシリアスな展開の中にも、
熱く感動できる場面があって良かった。
特にメフィストがカッコイイしな!(笑)

プリキュアに変身できなくなったわけだけど、
どういう理由で変身できるようになるのか。
次回の内容には注目したいと思います。

自分に打ち勝つこと 

一日遅れましたが恒例の。

デジモンクロスウォーズTH。
作画の枚数が少ないなぁというのが気になった。
お話は前半が退屈だったけど、
後半のガムドラモンの台詞はよかった。
次回はまた食べ物の話か……。


バトスピ・覇王。
作画が微妙だった。
ハジメの顔が違いすぎるような……。

今回のバトル。
バトル内容は良かった。
大粉砕はやっぱり反則だよなあ……。
今回は運よく勝ったけど、
負けてた可能性も高かったもの。
ハジメのデッキはバーストが多いから、
サイゴードとの相性も最悪だしね。


ゴーカイジャー。
ダマラスが本気を出す話。
今回も良い話だった。
ハカセの過去が本当に勇者なのかはわからないけど、
どちらに転んでも良いと思います。
ハカセはハカセだからね。
倒された4人は無事だと思うけど、
予告でネタバレがなかったのはありがたい。


仮面ライダーフォーゼ。
上手くまとめてました。
スコーピオンの正体は園田先生で確定なのね。
ここから戦いは新たな展開を迎えそうな感じ?
メディカルスイッチは今後便利そうだ。
多少戦いで無茶しても治せるからね。


スイートプリキュア。
第42話、キュアモジューレを奪われそうになる話。
原画は7+4人。
思ったほどの崩れもなく、
なかなか悪くなかった。
バスドラとバリトンは怪物だから描きやすいのかしら?

脚本は小林さん。
うむ、やはり小林さん脚本は楽しく見れる。
アフロディテとアコの似た者親子っぷりに笑ったw
今回でバスドラとバリトンに更正フラグが立ちました。
初期からあまり悪い奴には見えなかったしね。

そろそろ最終決戦かしらね?

力を貸して 

デジモンクロスウォーズTH。
米村さん脚本。
親子の和解という、ちょっとホロリとさせる
ストーリーだとは予想してなかったなぁ。
普通にデジモンを使ったストーカーの話だと思ってたよ。
米村さん脚本らしい、良い内容だったと思います。
ネネは普通にデジモンを持っていたが、
その辺りの説明は無しなのね。


バトスピ・覇王。
混浴……だと……?
中学生ならセーフなのか?
動じないキマリは大物だな(笑)。

今回のバトル。
ヨーロッパのレベルは低いのだろうと思った……(ぁ
まあ本気じゃなかったらしいから、
本当なら勝つことも出来たのだと思いたい。
今回、テガマルのデッキには新弾のカードも入っていたようだけど、
アシュライガー以外は出てこなかったね。

アシュライガーはバースト召喚のしやすさが魅力だねー。
どのデッキに入れても活躍できる汎用性がある。

次回はまたサイゴーさんか……。


ゴーカイジャー。
アイムが故郷の敵を討つ話。
凄く良い内容だった。
アイムが泣くシーンとか、涙無しには見れなかったよ。
ついに皇帝が登場。
そろそろ終わりが見えてきました。
ラスボスは皇帝とバスコのどちらになるのかしらね?


仮面ライダーフォーゼ。
三条さん脚本。
やはりフォーゼは三条さん脚本が安定だわ。
今回も面白かった。
スイッチに関わった生徒のその後という、
別にスルーしててもいいけど、
何気に気になっていたことでもある。
そこを上手く取り上げたストーリーに加え、
見所もたくさんありました。
スコーピオンとのバトルでのスイッチコンボはかっこよかったし、
分身とのバトルでは、忍者アクションに対して、
新スイッチで応戦するという燃える展開。
さらにスコーピオンの正体を校長と思わせておきながら、
園田先生だったというどんでん返し。
だが、それもブラフかもしれないわけで……。
いやー、今回は本当に濃い内容でしたよ!


スイートプリキュア。
第41話、最後の音符が奪われる話。
原画はなんと29人。
半分で足りるだろ……と思わなくもない(苦笑)。
さすがに枚数も多くて安定してたね。

脚本はシリーズ構成の大野さん。
ギャグ寄りの内容で、かなり笑わせてもらったわ。
久しぶりに登場したサブキャラ達の活躍も楽しかった。
オチはわかっていたので、
響たちの努力が見ていて心苦しくはあったけどね……。

次回は友達が敵に操られる話のようだね。
そういう話はもっと前にするべきだと思うが……。

どこに行っても変わらない 

けいおん!の映画、今日からですね。
普通にCMが流れてるので、
澪の声がするたびに『びくっ!』ってなる(笑)。
天候が雨なのは残念だけど、
映画を見るには問題ないか。
主題歌CDも含めて、総売り上げに注目ですね。

水樹奈々さんは、今年も紅白に出るようですね。
おめでたいことです。
欲を言えば、Kalafinaが出てほしかったなぁ。
NHK番組のテーマ曲歌ってるわけだしさ。

話題としては以上かな。
それでは、ごきげんよう!