WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の意思で 

バトスピ・ダン。
大統領は初心者じゃないのか(苦笑)。
ほぼXレアだけのデッキでも戦えないことはないんだなぁ。
まぁ紫デッキを相手にするのは辛そうだが……。
新しいジークはインフレ気味の能力だと思う。


仮面ライダーW。
敵もパワーアップしてさらに楽しくなってきたわー。
でも所長が一番強いと思います(笑)。
キスシーンの研究ワタラw


ハートキャッチプリキュア。
モデルに求められるものとは……という話。
メインは新しい妖精の話ですが。
原画は三人だったけど頑張ってましたね。
幹部全員で出向いた方が勝率は高くなるのに、
それを滅多にしないのはお約束(苦笑)。
しかも、そうしたときに限ってタイミングが悪い(笑)。
新しいプリキュアっていっても、
ゆりさんしか候補はいないよなぁ……。
生徒会長でもいいんだけどねー。

スポンサーサイト

色あせない想い 

バトスピ・ダン。
バトル内容は見飽きたコンボばかりでなぁ……。
あと、他のバトルもちゃんと見たかった……。
展開としては終わりが近いのか?


仮面ライダーW。
最近、トリガーメモリを使わないなーと思ったり。
しかし、7時間も映画館から出られないって、
トイレ行けないじゃん!と(笑)


ハートキャッチプリキュア。
写真に込める想いの話。
うん、久しぶりに泣けたよ。
お母さんはどうしたのか、という部分には触れないのな……。
ココロの種を使ってパワーアップする設定は、
もっと活用すればいいのにね(苦笑)。
いつもの街から離れたお話だったからか、なんか新鮮な感じだった。
作画が安定してたのも良かったですね。

理解されたい想い 

バトスピ・ダン。
グラン・ウォーデンってあんまり強いとは思えない。
インフィニット・ヴォルスの方が厄介だよなーと。
デュラクダールでサポートできるし。
関係ないけど、Xレアのデザインが派手になったのが嬉しい。


ゴセイジャー。
ゴセイナイト登場。
変身アイテムが好きだ。
携帯型のアイテムには弱い私(笑)。


仮面ライダーW。
フィリップの家族ついて真実が伝えられる話。
病み娘はもう退場ですか……。
粘ったわりにはあっさり倒されてガッカリだ。
久しぶりにファング。
一番好きなフォームなのでもっと出番をっ!


ハートキャッチプリキュア。
漫画家志望の番長の話。
永遠の17歳キター!(笑)
それだけでお腹いっぱいだ。
内容も面白かったし、肩の力を抜いて見れた。
今回は原画が一人だったね。
青山充さん。
この人、フレプリの時も一人でやってたような?
って、調べたら過去シリーズも一人でしかやってねぇ!
凄すぎてワラタw
あと2回ぐらいは青山充さん一人原画の回がありそうだなぁ。

あなたの火加減で 

「けいおん!!」7話を見た。
和がメイン、梓がサポートで、澪がゲストみたいな感じだった。

冒頭からいつもと違う雰囲気。
手紙を出したということだったが、
住所は知ってても、メアドは知らないのな。
調べるなら住所のほうが簡単だもんなぁ。
別に和にとって先輩はそこまで親しい存在ではないのかなーと。

来れない先輩。
ファンクラブより、自分のサークルの旅行を優先する。
自分の役目は和に譲ったことで終わっている。
澪との思い出も、あの講堂での演奏で満たされている。
先輩はそれ以上を必要としていない。
今の自分にとって必要なことは、
新たな場所と仲間との交流であって、
つまり過去ではなく未来。
確かに過去は大切な思い出だけど、
過去とは決別して前に進む。
そんな大人な先輩を感じさせる。
サークルの旅行が無かったとしても、
先輩はお茶会には参加しなかったのではないだろうか、とも思う。

なぜ、ファンクラブの会長を和に譲ったのか?
和は「いらない」と言ってるし、他の会員に頼めばよかった。
ということは、結局は誰でもよかったわけだ。
ただ、たまたま和がいたから和に譲っただけ。
メアドの交換をしていないことからして、
澪の情報が欲しいわけではない。
いや、むしろ欲しくないのかもしれない。
だから和に頼んだとも考えられる。
このことからも、過去との決別を感じさせる。
違うかな?

不機嫌そうに入場する澪。
単に緊張してるだけかな?
でも、楽しんでいたかはイマイチわからなかった。

澪の詩。
個人的にはすごく好き。
「あなたのためにカラメルソース」とか。
澪って自分のためじゃなくて、誰かのために何かしようとする。
詩だって、ちゃんと感謝の気持ちを伝えたくて書いたものだしね。
ファンクラブなんて恥ずかしいし、
本当はそんなもの無いほうが安心だけど、
ファンの気持ちは大事にしてる。
澪の詩を聞いたときの和の反応からして、
和は詩の意味を理解している気がする。
和も誰かのために真剣になにかをしようと行動する人だからか。

梓の行動。
梓は過去とか未来とか関係なく繋がろうとしてる。
そのためのツール(携帯)があって、
それを使うことを自然に思い付く。
この辺り、和とは違う価値観。
先輩たちが卒業したとしても、ずっと繋がっていたいという気持ちの梓に対し、
和は卒業したらそれで終わり、みたいな考えなんじゃないかと。
実は澪にもそういう考えがあって、
今回のお茶会(スライドショー)で考えが変わった。
というより、その心配が無くなったように見えた。
今まで律とずっと一緒だったように、
軽音楽部のメンバー、梓とも、
ずっと繋がっていられると確信できたのかなと。

最後の和の言葉。
あれがメールの文面なのかな?
梓の携帯からかなのか、写真を転送して和の携帯から送ったのかは謎だが……。
ともかく、この文面だと、和も少し考えが変わったようだ。

最後の先輩のカット。
クラーク博士「少年よ、大志をいだけ」を持ってきてる。
先輩から贈る言葉はそれなのかなーと。
先輩の言う『素敵な贈り物』がなにを指すのか。
写真というよりは後輩の優しさなのだろう。

離れてしまっても、この空の下で繋がっている。
冒頭で和に吹いたのと同じ風が、先輩の髪を揺らしたのかなーなんて。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。