WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

StarTRainの飛鳥シナリオから思ったこと 

※音注意
mixed upより発売中の『StarTRain
別にゲームの内容とはあまり関係ないけど、色々思ったことを書きます。
ここからはネタバレを含みますよ~。

続きを読む

KID更新情報! 

龍刻
KID公式通販サイト「KID ONLINE SHOP」にて、限定版を販売しています!!
スタッフBlogは柴田さん。
サウンドトラック「龍刻 RYU-KOKU~Original Audio Collection~」が
10月25日に発売だとか。

ホワイトブレス~絆~
キャラクターページ更新……出し惜しみで!
ボイスもさりげなく公開されてるね。変更なさそう!
( ゚∀゚)o彡゜ 風音さん!!風音さん!!

Memories Off 8bit arrange
感想募集中!

井戸端ネットラジオ 小さな幸せの再配信!


千羽谷タウンの放置っぷりをいい加減どうにかしようぜ……。

StarTRainのレビュー及び感想! 

※音注意
mixed upより発売中の『StarTRain』のレビュー及び感想です。
スターティーレインは、【スタート、レイン】で【スター、トレイン】、
そんな星降る夏の恋の物語――。

オススメ攻略順は、蓬→飛鳥→奏→七美だと思う。
七美は最後にしか攻略できません(肝試しで選択肢追加→分岐

前置き
ディスクレス不能。
立ち絵のあるキャラのみボイスあり(各音量調節可能
クイックセーブ&ロードは無い(セーブ箇所は60
誤字脱字が少しあり(ひらがなと漢字がバラバラの事が多い
修正ファイル出てます。

キャラクター
奈美先輩→攻略不可(出番はある、惚れっぽい、人気が無い(ぁ
奏→あだ名カナカナ、ツンデレ、一途、世話焼き、料理上手
飛鳥→関西弁、貧乏っ娘、寝ながら歩く特技、っていうか夢遊病患者?(ぉ
蓬→あだ名モッチー、非処女、日常会話の中にエロ語が混じる、方向音痴etc
七美→あだ名ナッチー、フルートが上手い、妹属性、生まれたことが幸せ
麻衣子→ヒロキの彼女、友達思いのお節介焼き、ぶっ飛び系、っていうかキ○ガイ?
大樹→マイコの彼氏、いい奴だけど空気(マテ、M属性?(ぉ
私個人としては高音さん(蓬の母)が一番好きです(ちょっとマテ!
キャラクターの魅力は高いと思いますよ。
サブキャラも輝いてるし!高音さんとか高音さんとか高(ry

グラフィック
CG77枚(差分除く)。
正直クオリティは微妙です。枚数もちょっと少ないしね。
でも雰囲気は嫌いじゃない、むしろ作品にはあってると思う。
まぁ絵よりはシナリオ重視ってことで。

音楽
音楽鑑賞20曲(OP、ED曲は聴けません
どれも良い曲ですね。
比較的落ち着いた曲が多め。
っていうかBGMだけでも泣けるよ?マジで。
初回生産分にはサントラが付いてくるので安心だね。

Hシーン
シーン回想8(先輩1、飛鳥2、奏2、蓬2、七美1)。
飛鳥は1つフェラシーンのみ。蓬は非処女、1つはアナルで。
全体的に短いし、内容も薄い。実用性は皆無ですね~。
っていうかぶっちゃけ無くてもいい。
コンシューマーで出した方が売れたんじゃないか?

エンドについて
ハッピーエンド3+ノーマルエンド3+七美(トゥルーエンド?)1の計7エンド。
攻略は簡単なのでセーブしながら進めれば問題ないよ。
選択肢もかなり少ないし、読ませることを重視してるって感じかな?
奈美先輩の攻略はできないけど、後半に出番はあります。
ということで、体験版を遊んだ人はOPまでスキップしてOKですw
上にも書いたけど、七美の攻略は最後になります(肝試しで選択肢追加→分岐

各シナリオ別感想
藍田 奈美
体験版の時点で終了。
だけどあの話は凄く好きだった(体験版で感想書いたし、詳しくはそっち参照で
メインテーマは弱さを怖れないこと、かな?
う~ん、私は奈美先輩って好きなんだけどなぁ……。
私は基本的に心が弱い人が好きだし。
でも、一般の人から見たらウザイだけっぽい?

神崎 蓬
色々と問題発言が多いよねこの娘(苦笑)。
でもエロイ娘は好きだぜ!(オイ
「俗に言う、○○ってヤツですね~」っていう口癖も好き。
シナリオテーマは自分探しがメイン。
生きることを考える話ですね。
自分で答えを見つけ出すこと、側に居る人は見守ってあげること、
友達としてできることもきっとあるから……今は――。
そんな感じの話でしょうか??中々の良シナリオでしたよ~~♪

夢原 飛鳥
みるさんのボイスに萌え萌え!(オイ
シナリオテーマは幸せ探し。
人は幸せを追い求める。そうすることで自分の弱さを忘れるために……。
でもそれはきっと強がりで、ただ自分を誤魔化しているだけで。
自分に嘘をついて、でもそうしなければ生きていけなくて。
自分を見失ってしまいそうで――。
だから強くなりたいと思った。そのために幸せが欲しかった。
幸せの先に自分を見つけられるような気がしたから。
彼女が欲しかったのは自分の弱さをさらけ出すことのできる相手。
そんな恋の幸せ――。
という感じの話やな。家族愛が好きなら絶対泣ける思うで?

遠日 奏
今の時代にはツンデレという言葉がありますが、
奏はツンデレという言葉で括って欲しくないです。
彼女の場合は、素直になれないことを『弱さ』だと考えているからね。
ただ『照れているから』とかそいういうことではなく、もっと真剣な想いなのだから。
シナリオテーマは弱さに打ち勝つ勇気。
伝えたい気持ちはずっとここにあって、でも逃げてしまっていた。
素直になれない心から……弱い自分から――。
一途な想いは静かに募って、最後はその想いを勇気に変えて。
伝えたい、君と歩き出すための言葉を――。
み、みたいな感じ?一途な想いに……も、萌えだよね?!

羽田 七美
七美はルート入りしなければ一切登場しないキャラです。
シナリオは色々と衝撃の展開になりますが、
トゥルーエンド的な扱いなので、エピローグはほんのり甘く。
っていうか七美ってマジで可愛いわ……(関係ない
シナリオ内容は、この作品全体のまとめみたいな感じ。
自分の弱さ、幸せ、生きること、そんな全てを世界は見ている。
広大な宇宙という海に浮かぶ沢山の星々の中にある地球……。
ちっぽけだけど、様々な偶然が重なってできた奇跡の固まり。
そんな世界で人は生きている。
人生の列車には色んな出来事が待っていて、
時には迷ったり、時には止まってみたりなんかもして。
それでも前に進んで行く、時間は待ってはくれないから。
さぁ、歩き出そう。
『いつの日か振り返らずに歩ける』そんな未来を目指して――。
ええい!それよりFDは!FDはまだかーーーー!!(黙れ

総合感想
人は……出会いと別れを繰り返し、喜びと悲しみを繰り返し、
何度も何度も生きることの意味を探し求める。
途方も無い思考のループ……。
答えはきっとどこにもなくて、きっとどこにでもあるんだと思う。
あなたは自分のことが好きですか?
いま、幸せですか――

以上がこの作品が訴えたかったことではないかと思います。
単純に恋を繰り返すだけじゃなくて、そこに沢山の星を見る。
そんな作品でした。
各シナリオともキチンと盛り上がる場面があって、結構泣かせてくれます。
奏の回想が始まる辺りは特にヤバイよ?
DJマイコの手紙の読み方が非常に上手いので余計にきたよ……。
その他、良いところはほとんど麻衣子が持っていってくれます。
飛び抜けていいキャラだったよ麻衣子は。
涼森ちさとさんの演技が良すぎてですね、もう最高!(笑)

主題は青少年の悩みだから、主人公と同年代の人は感情移入できると思う。
ただし、あまりこういう悩みを持ってない人から見れば微妙だろうね。
私はこういった話が大好きなので楽しめましたが、万人受けはしないかも……。
その辺、評価が分かれるところかな?
コンシューマーで売って、中高生にプレイしてもらいたい。

様々なギャグの元ネタにも笑わせてもらいましたw
ピー音多すぎです!しかもあんまり意味ないし!(爆笑)
参考として一例を挙げるとですね……
メールを打つときの擬音が『メルメル』。
「魔王はオレだー」と叫ぶデスメタバンド漫画。
司「別にオレはお前が未来人だろうが宇宙人だろうが超能力者だろうが、
受け入れる覚悟はあるぞ??」
麻衣子が「めがっさ」という言葉を使うetc
なんて言うか、晃ちゃんがんばれ!(苦笑)
フタ○リ漫画はみさくらクオリティ?

アイキャッチ的な黒板ネタ。
これは確認できたものを今度リストアップする予定。
実際はあまり好評では無いらしい……。
ちょっと内容がバカっぽ過ぎたのが原因か?
『ホモビデオレンタル宣言』とか意味不明w

気になった誤字?(修正ファイルあり
同様する(正:動揺する
過程の風景(正:家庭の風景

以上で『StarTRain』のレビュー及び感想を終わります。
買う買わないで言うなら買うことをオススメしますよ!
まずは体験版からどうぞ。

メモオフ#5~Memorial Collection Box~ 

記事として残しておきますね。
「Memories Off#5 とぎれたフィルム~Memorial Collection Box~」がリリース。
レコーディングレポート
スタジオよりキャストコメント到着!
9月22日発売、価格15,540円(税込)

コンプティーク10月号のKIDの紹介記事を読んで 

ちょっとぉ!雑誌のインタビュー受けたんならちゃんとHPでお知らせしなさいよね!
えっ?べ、別にこの記事のためだけにコンプティークを買ったわけじゃないわよ?
ちょ、ちょっと気になったから~とか全然そんなんじゃないんだからぁ……。
ま、まぁせっかくだし記事にしてあげるわ。か、感謝しなさいよねっ!ξ*゚⊿゚)ξ

と、前置きを訳の分からないツンデレ風味でお送りしました(笑)。
そんなわけでコンプティーク10月号にてKIDの特集が3ページにわたって
紹介されていたので、このblogでも紹介します。
といっても私が勝手に今後のKID対して意見を述べていくだけですが(苦笑)。
個人的意見なのでスルーしてOK(かなり長いしね


Point1【オリジナルタイトルについて】
メモオフを代表として、infinityシリーズやその他多くのオリジナルタイトルを
発表してきたKID。
それぞれがKIDの特色に合った作品であり、名作と呼ばれるモノも数多くありますよね。
ですがそろそろメモオフには区切りをつけた方が良いと思います。
何だか名前だけで売っているような気がして……。
キチンとしたシナリオの統一性が無い以上、続編を出し続けるのは危険です。
私としては外伝○、続編×ですね。
一新して別の舞台にするのも個人的にはありだと思っています。
ここらでメモオフの方針を見直すべきでしょう。
infinityシリーズはまだまだ続けて欲しいところ。

Point2【PCゲームからの移植作について】
PCゲームの家庭用移植がKIDのメインとも言えます。
追加要素も充実してるので、今後も期待したいです。
ですが実は移植ってすごく難しいんですよね。
PC版での売り上げ、その作品の人気度、移植する時期(早いほど有利?)、
自社の特色に合うか、どれくらい追加要素を準備できるか、
などを慎重に見て判断しなければいけません。
でも私にはKIDが何を判断材料にして移植しているのか分からないんですよね。
KIDが移植する作品はあまりPC版での売り上げを気にしているようには見えませんし、
移植する時期も遅めで、作品の傾向も様々です。
ちゃんとユーザーがプレイして面白いと言える作品が提供できているかと言うと
ちょっと微妙な感じがします。
今回のホワイトブレスの移植はどうなるか……。
今後KIDに移植して欲しい作品は、『ユメミルクスリ』と『最果てのイマ』かな?

Point3【女性向けタイトル】
これは私の守備範囲外のことなのでなんとも言えません。
でも『水の旋律』は私から見ても面白そうだと思います。
女性向け作品の移植はまだ無いですが、実はすでに移植して欲しい作品があります(ぇ
Under The Moonっていう作品なんだけど、どうかな?
まだ発売されてないけど、この作品は是非KIDさんに移植をお願いしたい(笑)。
いや、移植される前に手を出しそうなんだけどね(マテ
理由はお察しください。
タイトルロゴが『セパレイトハーツ』と似てるのはここだけの秘密だゾ!(ぇ

関係ない話に発展したので次へ。
Point4【廉価版について】
この販売方法は正直どうなんだろう?
確かに安い値段で作品を楽しめるのは嬉しいけどさ。
まぁクレームが来てるわけではなさそうだし、今後も続けるんでしょうね。
そしてこの度「水月」「White Princess」「カルタグラ」の3タイトルが
2800コレクションになりましたよっと。11月16日発売。

Point5【今後のKIDについて】
インタビューで柴田さんは、新しいハード、ニンテンドーDSなどで
作品を作っていきたいとおっしゃっています。
となるとやはりミニゲーム集になるんでしょうかね?
『メモオフみっくす』で止まったままですし、~それから~以降のキャラを出した
作品が欲しいところ。
他のオリジナル作品のキャラとのコラボレーションもあるといいなぁ……。
新しいinfinityシリーズをニンテンドーDSで出すのも面白いかもしれません。
今後はもっと遊べる作品が欲しいですね
あとは積極的な外部展開を求めます。
作品のコミック化、アンソロジーコミックを多く出して欲しいですね。
アニメ化もできればして欲しい。『We Are*』なんかは良作になりそうだけど?

まぁこんなところでしょうか?
KIDは若干流行に乗るのが下手というか、旬の時期を逃していることが多いです。
そのため、なんだか決め手に欠けるんですよね。
これだ!という要素がなければ今後はちょっと苦しいですよ?
どの作品でも、『ここを見て欲しい!』とアピールすることが大切です。
龍刻の場合『燃え』と『萌え』がテーマですが、押すなら『燃え』だと思います。
伝奇モノだしね。
サンプルテキストに戦闘シーンを多く公開するなどしてもっとアピールするべき
だったんじゃなかなぁ?
OPムービーが文句なしでカッコよかったから良いけどさ。
ところで、OPムービーがアニメーションしてくれる日はいつですか?(ぁ

はて?なぜ私はこんなにKIDに対して真剣に意見を書いてるんだろうか?(苦笑)
え~っと、阿保さんと相澤さんはお疲れ様です(誤魔化すな!

KID更新情報! 

龍刻
トップページがカウントダウンに変更。
スタッフBlogは柴田さん。
ソフマップ予約特典のクッションについて。
アッガイは何やってんの?(どこかのパクリとか言っちゃダメw
「たつのおとしご」だが、ハッキリ言って少なすぎると思う。
こういう所で儲けを逃してるんだよなぁ……。

ホワイトブレス~絆~
キャラクターページ更新……と言っていいのか?
出し惜しみするなあーーーー!!
一気に全員公開すればいいのに……。
まぁ発売まで日はあるし、別にいいか。
これ、売れるのかなぁ……。

Memories Off 8bit arrange
●サンプル曲更新:第4回!
●記念グッズが東京ゲームショウにて販売されるとか!
~それから~の曲はイマイチなんだけどこれならいいかも!

井戸端ネットラジオ 小さな幸せの再配信!

KID更新情報! 

OK、悪くは無い、この作品は私も好きだからね。
でもなぜ今になって移植なの、そしてなぜKIDなのーーー?
ホワイトブレス~絆~
こっちが本家公式かな?
う~ん、正直微妙だと思うんですよ。
カルタグラほど酷くはないと思うが、恐らく売れない……。
移植は諸刃の剣、ブームを過ぎた作品だとなおさらです。
去年の冬ぐらいに発売できていれば良かったんですけどね~。
売り上げを求めるなら追加要素に掛かっていますが、その辺どうなるか!?
KIDの良いところは移植にあたってキャストの変更がないことだと思うので、
今作も変更なしでお願いしますよ!
KID初の風音さん登場作品になるから!!(そこかよw
一応ソフマップ通販(商品ページ)をどうぞ。

龍刻
ダウンロードでプレイデモムービー第3弾公開!
東京ゲームショウグッズ情報。
テレカについてはもう何も言わないと決めております。
でも一言だけ「テレカも『エロ』じゃなくて『燃え』で売って!」
湯のみセットは超欲しい!
スタッフBlogは相澤さん。
「ドラゴンタイムズ」と「たつのおとしご」について。壁紙ももらえるよ!
健部さんの話も読んでおきましょう。

Memories Off 8bit arrange
●サンプル曲更新:第3回!
●スタッフコメント追加!
やっぱり『想君』の曲は好き~。

井戸端ネットラジオ 小さな幸せの再配信!

『PP-ピアニッシモ』体験版について(TG版&電撃姫版 

Innocent Greyより『PP-ピアニッシモ』。
今日はTGと電撃姫のそれぞれの体験版オリジナルストーリについて紹介します。
TGもそうだけど、電撃姫も付録のためだけに買うことになったんだよなぁ(苦笑)。
まぁ9月10日までの予約キャンペーンも迫ってるしね、
タイミング的にはちょうど良いでしょう。
PUSH!!の方は特に中身がなさそうなのでスルー(確か舞台説明だっけ?

TG版に収録されているオリジナルストーリーは、
公式HPのキャラクター紹介にある『初めの始まり』(白河綾音)の補足的な感じ。
意を決し、綾音は扉を開けた>以降の内容が語られています。
サブタイトルは『ある夜の話』と違うけどね。
最後に綾音は久遠とすれ違うが、別に伏線ではなさそう(笑)。

電撃姫に収録されているオリジナルストーリーは、物語の後日談……なのかな?
サブタイトルは『夢の続き』。
一応、綾音と結ばれたエンドでの後日談らしい。
登場キャラはバーに集うメンバー全員。
ということはこの中に犯人はいないという壮大なネタバレになるような……?
久遠が出てこない辺りも意味深だしなぁ。
このショートストーリーはどう解釈していいのか分からない……。

電撃姫の付録DVDには体験版の他にも、壁紙やおまけゲームなどが収録されているので、
興味があればどうぞ。
ちなみに、両体験版ともちゃんと音声が付いてます。

『PP-ピアニッシモ』はInnocent Grey最後の作品になる可能性があります。
私はキャストの都合上、無条件で買うけど、他の皆さんは特典とかに興味が
ないなら評価待ちをオススメします(ぇ

機械仕掛けのイヴ 発売前紹介! 

ninetail(ナインテイル)より発売予定の
『機械仕掛けのイヴ~Dea Ex Machina~』について。
私も購入予定だし、ちょうどマスターアップしたようなので紹介します。

本作は淫具開発をしながら物語を進めていくのがメインですが、
注目したいのはそこではなく、カードバトルの方にあります。
シンプルなルールでありながらも、奥の深い作りとなっており、
やり込み度も高め。カットインも入るので、演出的にも熱くなれます。
これはもう説明するより実際やってみた方が早いので、
公式ページなどで体験版をダウンロードして遊んでみてくださいな。

さて、ダウンロードといえばですね、主題歌とムービーにも注目してもらいたい。
遊女さんの歌う主題歌がカッコイイの!
あわせてデモムービーも何だか意味深な感じ!
もうこれのどこが淫具開発SLG?って感じです(笑)。

そして!商品プロモーションムービーに大爆笑!!
深夜通販のノリで作品紹介をしてくれます。しかも人形劇で(笑)。
7分も使ってアメリカンジョークを展開する模様は作品紹介なんて
関係ないんじゃないかと思えるくらい笑えますよ?
ホント声優さんに何喋らせてんだかwwww

そんなわけで色々とオススメな本作(笑)。
体験版が面白かったら是非お買い求めください。
以上です~。

メモオフの「正史」について 

最近公式BBSで話題になっていたので、私も便乗させてもらうね。
BBSに書き込むのは恥ずかしいのでblogに書くことにします。
私個人の意見なのでスルーすることをオススメ(ぇ


私は「正史」がどうのという話ではなく、なぜそんな議論が起こるのかを検証します。
まず、メモリーズオフの失敗は続編を作ったことにあるのではないでしょうか?
それが悪いというわけでは無いけど、作り過ぎたのが問題なのです。
だからこういう「正史」がどうのという話が出てくるわけで……。

続編にはメリットとデメリットがあって、大雑把に言えば、
メリットは『売れる』、デメリットは「正史」の位置づけが難しいという点ですね。
メモリーズオフという作品は1stの時点で終わっていたのに、2ndを作ってしまった。
これが売れたためにまた続編『想い出にかわる君』が作られ、
それが不評だったため、リベンジで『それから』を作り、
これが売れたので『#5』を作り、これが不評だったので……以下ループ?
大体こんな感じだと思うのですが、これだけ続編が出れば「正史」なんていう話を
するのはかなり困難です。
ただし、問題は続編を作り過ぎたからというだけではありません。

これだけ多くの続編が作られたのに、ファンの望んだ続編が一つも無いんです。
続編を作るということは、他のキャラの未来を決める必要があります。
ですが、メモリーズオフにおいてそれは殆どなされていません。
だから「正史」は?という議論が起こるんですよ!
『想像に任せたい』というのがスタッフの思いであるのなら、
続編は2ndまでにしておくべきだったと思います(未来の位置づけが比較的容易

ファンの望んだ続編と書きましたが、ここも非常に難しい点です。
人それぞれの考えがありますからね。
でも『それからagain』は比較的好評だったわけですから、こういう外伝を作っても
良かったのではないかと思います。
ひとつ別作品の例をあげますが、Navelの作品『SHUFFLE!』の作品展開は
すばらしいと思います。
ファンの願望とスタッフの願望が一致しているところがすごい!
こういうファンとの一体化が続編を作るうえでも非常に重要なのではないでしょうか?
誰が巴ノーマルエンド後の外伝なんて望んだのかな?かな?

ここまでの話をまとめると、続編を作るなら作り過ぎないこと。
まずこれが大切です。他のキャラの未来を決めることが困難だからね。
あとはファンとの一体化。BBS(ギャルゲ板も見ろ!)やアンケートを参考にし、
ファンが次にどんな作品を望んでいるのかをキチンと判断するべきです。
そうすれば、「正史」という問題も騒がれなくなるのではないでしょうか?
みんなはどう考えます?


私の中ではメモオフに「正史」はありません。
多少前後の繋がりはあるけど、『舞台が同じなだけの別作品』として見ています。
続編として見るには曖昧な点や矛盾が多く、シナリオライターもバラバラだしね。
ああ、これも上記には書かなかった問題点の一つですね(シナリオライター
正史となるシナリオは全て日暮茶坊さんにお願いすれば良かったと思います。
小説シリーズはすばらしい!
まぁメモリーズオフは『想い出にかわる君』以降、普通の恋愛アドベンチャーでは
なくなってるから何とも言えないけどね……。

はい、以上で終わり。答えはいつも私の胸に~♪

KID更新情報! 

龍刻
トップイラストを更新。
ランダム6種でボイススイッチ有り。
ダウンロードでプレイデモムービー第2弾公開!
[龍刻の手帖vol.6]をPDFファイルで配布。
ホントに買えなくて申し訳ない。
廉価版を待ちますね! アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ


さんさん な夏!
■描き下ろしコミック『さんさん な日々!』
■キャラクター設定資料『さんさん な設定!』
星々来が好きです。弓道教えてください!

Memories Off 8bit arrange
●サンプル曲更新:第2回!
●スタッフコメント追加!
9月22日の東京ゲームショウ2006で先行発売。
KID ONLINE SHOPでの発売は9月25日より。
購入特典にはドット絵になったメモオフキャラのスペシャルポストカード付き!


井戸端ネットラジオ 小さな幸せの期間限定再配信決定!
毎週更新、年内一杯の配信予定。
もっとラジオ展開してみてもいいんじゃないかな?
そしたらアニメ化の話とかも来るかも!?

彼女たちの流儀 レビュー 

いまさら感が漂いますが、まだサントラが発売されてないのでセーフ(だよね?
というわけで、130cmより発売中の『彼女たちの流儀』のレビュー及び感想です。

オススメ攻略順は、千佐都→せせり→涼月→朱音→火乃香→鳥羽莉→if
CG、回想を埋めるなら、せせり→朱音→鳥羽莉→火乃香→千佐都→涼月→if
というのが理想的かな?

前置き
ディスクレス可能。
主人公・胡太郎にボイスあり(いらなければ消せる
バックログが一行ずつ(地味に不便だよね。
ログではこたりょーのボイスを消してても再生できる(なぜ?
クイックセーブ&ロードは無い。
誤字脱字、バグが結構ある(普通にプレイするには問題ない
修正ファイルまだー?

キャラクター
千佐都→主にシナリオのせいで人気がない、巨乳眼鏡乙
せせり→別名セロリ、ウザキャラ指定(個人的には好きなんだけどなぁ
涼月→ツンデレ、シナリオ的にも人気は高い(私も大好きです!
火乃香→かっこいいお姉さん、ぬいぐるみマニア、酔うとヤバイ
朱音→あなぅー・ふとぅーなどの単語を生み出したロリなお姉ちゃん(ぇ
鳥羽莉→素直になれないから虐めちゃうの系お姉ちゃん(ぉ
私個人としては涼月が一番好きです。

グラフィック
CG90枚(差分除く)。
みやま零さんの絵はかなり良いので好きなら買って損はない。
劇のCGが少ないのはちょっと残念かな?
朱音が拳銃を撃つシーンもCG欲しかった……。
ってか五百里くんのCGはー?(ぉ

音楽
音楽鑑賞30曲(OP、ED曲もフルで聴ける
どれも良い曲だと思う。
OPとEDの人気はかなりのもの。
私もEDがすごく好き。
サントラは絶対に買うことを進めます。

Hシーン
シーン回想34(鳥11、朱8、緑3、青4、涼5、火3)。
ちょっと短いものあるが、基本的には長め。
受け責めはバラバラ。
一応こたりょーが責められる方が多いかな?(あなぅー
でもこたりょーはSの気質も持ってるっぽいです(笑)。

エンドについて
上記の7エンド+誰とも結ばれないエンドの計8エンド。
攻略フラグが序盤からあるっぽいので、こまめなセーブを。
朱音をクリアしないと火乃香はクリアできない。
ifルートは自分で探せ。

各シナリオ別感想
千佐都
ふとぅーであり若干地味なシナリオかも。
鳥羽莉との勝負は燃えた(主題歌かかるしw
マニアックな人にはオススメなエッチシーンが印象に残る。
鳥羽莉ルートのネタバレを含んでいるような気もする……。
話のまとまりはキレイなので、読んでて退屈ってことは無いと思うよ。
五百里くんがカッコイイしな!(そこかよ!

せせり
色々と無理があるぜ?な話。
曖昧エンドとも言える。
初っ端からラブ全開なので、作品のなかでは異質な感じ。
愛が無くても身体を求める辺りは意外性があって萌える……はず。
とりあえず赤飯食べたいです(ぉ

涼月
個人的に一番すばらしいエンドだったと思う。
私が女に生まれたなら、きっと涼月と同じような考えを持つと思う。
物語が二転三転するので、終始驚かされた。
えっ?えっ?ええーー!!って感じ。
せせりがもの凄く重要な役どころにいる。
ここまで私が大好きな話を展開してくれた作品は天いな以来ですね。
個人的殿堂入りのシナリオです。

朱音
ちょっと泣けました。
病気が係わると完全にダメなタイプなので。
姉妹のやり取りがあるため、他のシナリオよりも重い内容。
その分感動は大きい。
今作でも一、二位を争う名場面がっ!!

火乃香さん
潔いなぁと(苦笑)。
でもそれが彼女の流儀なんですね。
内容は主に白銀家の秘密が明かされるシナリオと言ったところ。
こたりょーの恋人よりは、白銀家の母親的な位置にいてくれる方が個人的には好き。
ロシアンシュー((;゚Д゚)ガクガクブルブル

鳥羽莉
意外性で言えば一番だと思う。
あそこからあんな展開になろうとは誰も思うまい。
まぁそのお陰で名シナリオ扱いになったんだけどね。
劇のアドリブには激燃え!(ダジャレではなくw
まぁ、これ以上多くは語らないでおこうかな。
うん、すごく良いシナリオでした!

月の箱庭(別名・ご都合主義エンド
火乃香ルートの補足も含まれている?(代わりの者の手配
朱音がちゃんとお姉ちゃんだ!かっこいい!!
良いシーンなのにCGがないのは痛いが……。
とりあえずナイト乙。
五百里くん萌えにもオススメ!(ぇ

総合感想
上記でも書いたが、個人的には飛び抜けて涼月エンドが良かった。
ネタバレを控えるため詳しく語れないが、『人』であることの意味みたいなものが
上手く描けていたのではないだろうか。
本作のポイントである『姉妹との背徳的な行為』だが、
こたりょーが流されやすいのでその印象は薄い。
もっとこたりょーの葛藤があっても良かったような気がする……。
まぁこの作品は『彼女たち』の流儀なので、
ヒロインにスポットが当たるのは仕方ないかな?
私はそのせいでこたりょーがあまり好きになれなかったんだけどね。
ファンディスクではこたりょーが女になって五百里くんと(ry

以上で『彼女たちの流儀』のレビュー及び感想を終わります。