WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Are*と龍刻のHP更新!! 

We Are*はイベントCGや販促グラフィックを公開。
さらにノベル第三弾、笛吹詩忍編「揺れる夏」も。

コミック化も決まって、ますます発売が楽しみになりました。
イベントCGもキレイですね。
ボイス公開まだー?
次回更新は5月2日(火)になるそうです。


龍刻はダウンロードにデスクトップ壁紙を追加。
非常に使いづらい応援バナーもどうぞ(笑)。

スタッフBlogは25日更新で柴田さん。
台本完成だってさ!もう収録が始まるそうです。
本編の文が一部縦書きになるって……。
この際だから思い切ってPCで出さない?
テレビ小さいのでつらいなぁ。
ま、まぁ何とかなるよね?、ね??
スポンサーサイト

We Are*と龍刻のHP更新!! 

We Are*は『coming soon』を設置。
何があるのか今から楽しみです。
blogによると既に音声収録が始まっているとのこと。
キャスト発表早く!(ワクテカ+
We Are* に関する小ネタに驚き。
知り合いのライターさん家が核ミサイルの爆心地!
『普通に嫌な顔をされました』って当たり前だ!(笑)
でもいつかウチの地元もゲームの舞台になって欲しいなぁ……。

龍刻は登場人物紹介とグラフィックを更新。
さらに応援バナーを2つ追加。
バナー貼りたいけどスペースが無いと言ってるのに!
登場人物も謎が多いなぁ。
物語の鍵を握っているのは誰なのか……。

スタッフBlogは動きなし。
忙しそうですね……。
夏発売は無理と言う判断でよさそうです。
年内に発売できるかどうか……。

We Are*のHP更新!! 

We Are*
サブキャラクターのシルエット解除+新たにシステムページを新設。
小説第二弾は藤岡夏蓮にスポットを当てた物語「動き出す夏」。

ゲーム開発画面ですが、背景がすごくクリアですよね。
青空と海の蒼がとてもキレイ!
イベントCGの公開はまだー?

characterページの細工とは、見るたびにキャラの立ち絵が変わるというもの。
※服装が変わります。
デフォルメキャラになるときもあるので要チェック!!
どのキャラもかわいい(≧∇≦)b!

Memories Off ~それから~againの用語集を読む前に一応の注意! 

前置き
今回は株式会社KIDより発売の
Memorise Off~それから~againの用語集です。
一部?ネタ的なものもありますが、メモオフのファンならきっと楽しめるはずです。
今回は少ないので読むのは楽ですね。
初出が優先なので、すでに取り上げたことのある用語は若干割愛しました。
ゲーム中のエンサイクロペディアと比較してみてくださいね。
私個人でまとめたものなので、もしかしたら間違い等があるかもしれません。
その辺りはご理解ください。

注意
これは私個人が作成したものです。企業の出版物等とは一切関係ありません。
またこの用語集を私的使用のため以外で無断複製、転載等をすることを禁止します。
何か意見があれば、こちらの判断で対応します。
ネタの提供は受け入れてますので、これは?というのがあればお知らせください。
web拍手があるから、感想とかもあれば嬉しいかな?
以上を踏まえた上でよろしくお願いします。何だか堅苦しいこと書いてごめんね。


雅「さて秋燕、なぜ私がこんなところに呼ばれたのですか?」
秋燕「いや用語集の宣伝に協力してもらおうかなぁと……」
雅「そんなことはメインヒロインの陵に頼めばいいでしょう」
秋燕「いや、今回は雅もメインヒロインだし!」
雅「そういえばそうでしたね。仕方ありません協力しましょう」
秋燕「そう来なくっちゃ!では、ツンデレ風に宣伝よろしく!」
雅「お待ちなさい」
秋燕「何?」
雅「その『ツンデレ』というのは何ですか?」
秋燕「ああ、それはね……」
その後、秋燕は武道場の隅で屍になっていたところを
さよりんに発見されたのだった……。

と、ちょっと和んだところでどうぞ↓

Memorise Off~それから~againの用語集 あ行 

上記の注意事項を読みましたか?では、どうぞ
あ行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 か行 

か行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 さ行 

さ行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 た行 

た行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 な行 

な行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 は行 

は行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 ま行 

ま行

続きを読む

Memorise Off~それから~againの用語集 や・ら・わ行 

や・ら・わ行

続きを読む

メモオフの小説が~_| ̄|○ 

昨日フリートークを書いたとき、もしかしてと思ってファミ通文庫のHPを見たらね、
小説『メモリーズオフ~それからagain~』5月29日発売予定だってさ!
日暮さんいわく、3本収録のオムニバス形式だそうです。
感想は最新作優先なんだけどどうしよう……。
とりあえず、これが発売されるまでに1stの小説感想を仕上げたいです。
あと1ヶ月と少し……間に合うかしら?用語集の方も進んでないのに~。
が、がんばります……_| ̄|○

We Are*と龍刻のHP更新!! 

We Are*はサブキャラクターをシルエットのみ公開。
シナリオ完成告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
この後若干の修正等を加えて、最後に絵や音楽が揃えばOKということですね。
We Are*は絵と音楽の情報が少ないので、進んでるのか遅れてるのか分からない……。
そろそろイベントCGも公開して欲しいです。

龍刻はトップページが!(笑)
予定では毎月変わるとか。
応援バナー02かわいい(≧∇≦)!
貼りたいけどスペースが無いんです~(泣)。

スタッフBlogは輿水さん。
非常にがんばっておられます。
無理だけはしないようにしてくださいね。
戦闘シーンは演出の方も期待してますよ~!

メモそれagain総合感想 

試みとしては非常に良かったと思います。
ストーリーは短いとは感じませんでした。
あのぐらいでちょうどいいよ。
ただ値段には納得いかない。
2100円でいーじゃんっ!えふじゃん、じーじゃん!

グラフィックはまぁ何だ、がんばってくださいとしか……。
枚数は少ないしさ。
背景と服装が違うだけで一枚ってなんだよ!
前作のCGが全部入るほど容量あまってるのに……。

音楽はいつもの曲をアレンジした程度なので、特に語ることはないかな?

各シナリオを大まかに評価して見ましょう。
まず、「二人の時間」をテーマにした果凛編。
幸せな日常の中で、自分の精一杯を見せようとする一蹴。
果凛と一緒に居たいという強い気持ちがキチンと伝わりました。
その中で活躍するサブキャラクターたちも、
それぞれの役割をきちんと果たしていて良かったと思います。
吉祥寺みたいなライバルっていい感じですよね。
こいつには負けない!という辺りは、まさに一蹴らしいというか(笑)。
全体の雰囲気もスッキリしてて、とても楽しめる作品でした!
このシナリオは非常にストレートな話なので、一般のウケは良かったみたい。
私としては、深く考えさせられるような話の方が好きなんだけどなぁ。

次に、「互いを認め合うことの大切さ」を描いた雅編。
ただ単に『好き』という想いだけでは分からないこともあるんですよね。
自分を殺すことなく、ありのままで接することで見えてくるものがある。
偽りの恋人関係から、本当の恋人になるためにも、それはとても大切なこと。
それを和服デザインと相互させた辺りは非常に上手いと思います。
雅の変わりようは極端すぎたところもありますが、でもそれは、親に甘えることが
できなかったことからの反動なのではないかと思います。
ただ、追い詰められて自分を見失ってしまった辺りなんかは、
一蹴自身も言っていたように、一蹴という存在が雅を弱くさせたのだと思います。
果凛が言ってました、「甘えは、怠惰と絶望しか生まない」と……。
雅も最後にはちゃんと自分を保つ強さを取り戻してくれたので良かったです。
サブキャラクターでは、とおこおばさんの存在が大きいね。
雅編をつまらないという人は、この人の言葉の深さを読み取れてないからかな?

最後に、「家族の絆と未来への歩み」を描いたいのり編。
個別感想の方でほとんど語ってしまったので、そちら参照でお願いします。
ここではその続きを書く感じになります。
よろしいでしょうか?では続き。
と、ここまで読み取ることができれば、話の全体が違って見えると思います。
いのりとの時間と家族との時間、そして施設の子ども達との時間。
そのすべて時間の中で、人の愛情というものを感じることができます。
いのりのなぞなぞの答えが「時間」であることも深い意味がありますね。
「時が経っても忘れないよ」と言いたかったのかな?
表面を見るだけだと単調な話でも、こうして深く読み取っていくと、
いのり編はとても面白いですよ。

最後にエンディング曲。
「僕のwish」歌:村田あゆみ
言うまでもなくすばらしい!!
君という存在が大切で温かくて~♪のところが一番好き。
この人の歌声はハマリ過ぎてヤバイよ。
村田さん=カナタだからというのもあるが(笑)。
カナタが歌ってると思うと、何かこう感慨深いものがあるよね!

以上で終わりにします。なんだかんだで長くなってしまった……。

メモそれagainの感想(いのり編) 

約4時間ほどで終わりました。
かなり遅くなりましたが、感想を書きます。
全体としてはすごく良かったと思います。
泣いたのはこのシナリオだけですね。
とりあえずこれが正史ということでOK?
以降ネタバレなので分けます。
まじめに考察したので、最後まで読んで欲しいな。

続きを読む

魂響がPS2に移植することについて2 

Win版で散々地雷扱いされた結果、シナリオをすべて書き直してPS2に移植するという
前代未聞の移植を試みた本作。新OP曲も決まって、開発は順調そのもの。
Win版で大爆笑させてもらった私としては応援せずにはいられないわけで、
今までにも何回か記事を書きました。
今回はG’s magazine5月号より、注目したいことを書いていきます。

発売日は6月予定とのこと。
これで声優さんの変更がないことは確定ですね。
このメンバーの中で一般ゲームを担当した人っていないような……。

追加シナリオについては前に書いたので割愛して、今回注目したいのはバトルシステム。
Win版では選択肢もなく、決められたテキストを読んでいくだけでしたが、
何と今回はリアルバトル風になりました。
戦闘時に選択肢が表れ、制限時間内に攻撃方法を選ぶことになるのです。
Win版では敵=仮面か鬼だけでしたが、PS2版ではちゃんと妖怪との戦闘が
あるようです。
Win版をプレイした私が予想する基本戦闘は、ナイフで牽制→龍駆石でトドメ
でほぼOKだと思われ。
『霊気の刃』とかありますが、Win版ではそんな力使ったことないです(笑)。
逃げるはめったに使用しないでしょう。
『避ける』は重要そうだけど、武器で受けることの方が多かったからなぁ。
場合によっては必要なコマンドなのかも。
この戦闘結果が物語にどのような影響を与えるのかは不明。
Win版では負けても死にませんが、PS2版だともしかすると?

他、新規ビジュアルを見てですが、那美の活躍が増えそうな感じ。
Win版の彼女は最初と最後にしか出てこなかったからね。
公開されたビジュアルでは鬼の剣を持ってますが?う~ん。
40枚以上の新規ビジュアルだそうですが、学園編はないのかしら?
エロと学園編だけで20枚以上カットされるんだけど……。
学園編もちゃんとボイス付きであれば尚良し。
ああ、個人的には逆移植を待ちたいなぁ。

と、まぁそんなこんなで、発売まではもう少し先があるので、
今後何か気になったことがあれば随時記事にしていきます。
PS2版買って逆移植されたら魂響3本ですかね?(笑)

メモオフ公式のエイプリルフールネタ解説! 

公式BBSでも騒がれていますが、昨日はメモオフ公式ページでエイプリルフールネタがあり、
トップページにFIGHTING MEMORIES 2006というものが表示されました。
ですが、4月1日限定公開だったため、見れなかったという人もいるかもしれません。
そこで私のブログでは、その詳細をお伝えしようと思います。
とは言え、無断で画像を使用するわけにはいかないので、文字での説明のみとなります。
ただし、説明の難しい技コマンドのみ一部画像を使わせていただくことにします。
以上の点をご理解していただければ幸いです。
ではKIDエイプリールフール企画メモオフ格闘ゲームFIGHTING MEMORIES 2006とは!

FIGHTING MEMORIES 2006 開催!
―それは一通の手紙から始まった……
『真のヒロイン、ヒロインの中のヒロイン、
スターヒロイン決定戦を行う  by.パパ』※りかりんのパパです。

【彩花】
「この時を……待っていた!」
【ほたる】
「健ちゃん見ててね。ほたるは頂点を目指すよ……」
【カナタ】
「どちらがメインヒロインか、決着をつけましょ?音緒!」
【いのり】
「againなんて認めない……私が真のヒロイン!」
※いのりの一人称は本来『わたし』です。KIDさんしっかり!(ぉ
【あすか】
「『あすかゲー』って言わせて見せる!」
※おそらく2chスレでメモオフ#5=麻尋ゲーと言われているから。

なぜか立ちはだかる、主人公達…… そして
【信】
「まずはこの俺を倒してからだ!」

The end battle...for your love

使用キャラはサブキャラの香菜、歩、さよりんを含めた、
歴代のヒロイン32人(なぜか望だけ除く。もしや隠しキャラか!)
ステージセレクトも可能。
敵は歴代の主人公達(キャラによっては有利不利がありそう)。
ラスボス前には真の主役・稲穂信が立ちはだかる!(たぶん
そして最後に果凛パパ・清志朗を倒せば真のヒロインになれる!(たぶん

Controller Manual ※キャラクターが右向き時の操作です。
十字キー右=前進(素早く二回でダッシュ)
十字キー左=後退・ガード(素早く二回でバックダッシュ)
十字キー上=ジャンプ
十字キー下=しゃがみ

□ボタン=弱パンチ △ボタン=強パンチ
×ボタン=弱キック ○ボタン=強キック

□×同時押し:スウェー
△○同時押し:ゲージ溜め
□△×○同時押し:メモリーズモード発動

敵を浮かせてコンボを決めるんや!
コンボを決めるとゲージが下がる。
メモリーズゲージ
メモリーズゲージをOFFまでさげげるとめっちゃ強力な
メモリーズブレイクを発動できるで!


■■コマンド表を一部公開!■■
順に公開していくぞ!見逃すな!(※もちろん公開されません)
音羽かおる            双海詩音            白河ほたる
かおるコマンド詩音コマンドほたるコマンド
白河静流             荷嶋音緒            鳴海沙子
静流コマンド音緒コマンド沙子コマンド
陵いのり             鷺沢縁              花祭果凛
いのりコマンド縁コマンド果凛コマンド
日名あすか            仙堂麻尋            観島香月
あすかコマンド麻尋コマンド香月コマンド

プラットフォーム 脳内
タイトル FIGHTING MEMORIES 2006
~芦鹿島血風録~
ジャンル 恋愛格闘アクション
主題歌 『恋する☆バーニングイエスタデイ』
歌:伊藤あや(※広報の伊藤あやさんのこと)
発売日 20006年
標準価格 7800にょろ

これで以上です。本当は全部画像なので、それを載せてしまえば一番良いんですけどね。
流石にそれはできません。
※印は私の補足であり、実際には書かれていませんよ?

まぁ何だ、皆さんが期待するのは分かりますが、ネタはネタとして受け取りましょう。
KIDさんにあまり迷惑をかけてはいけませんよ?
なるべく大人の対応をし、無闇にメールを送ったりはしないようにね!
ってもう既に手遅れかもしれませんが<公式BBS
まぁ、その辺は個人の判断にお任せします……。
ではでは~。

We Are*と龍刻のHP更新!! 

本当は昨日記事にするつもりだったのに忘れてた。
エイプリルフールネタのインパクトが強すぎてつい(笑)。

We Are*は『web小説』を開始。
初回は、稲敷楓編「待ちきれない夏」、執筆は秋タカシさん。
今後も定期的に追加されるようです。
いつか本にまとめてくれるのかな?

龍刻は登場人物紹介とBGMのダウンロードを追加。
先週分も今回記事にします。
ダウンロード用のバナーが可愛い!!

ではまず笠木アイナのイメージ曲『想起』。
「和」の中にも快活な様子があって、聴いてて楽しくなりますね。

次に日常をイメージした楽曲『現界』。
阿保さん自身がお気に入りの曲というだけあって、
龍刻の世界観がとても良く感じられます。
イベント配布のプレビューCD欲しかったなぁ……。

スタッフBlogも始まって、ますます楽しみになってきました。
企画自体は大分前からあったようですね。
KIDには珍しい燃え要素に期待が高まります!

メモオフ公式のトップページが!! 

何やってんですかKIDさん!!
死ぬほどワラタwwwwww
プラットフォーム 脳内って、商品化してくれ~。
『にょろ』ってどこの通貨単位だ!(笑)

主題歌 『恋する☆バーニングイエスタデイ』
歌:伊藤あや
やってくれるんだよね?信じてるよ、あややお姉さん!
作詞作曲は志倉さんだといいな(オイ

果凛パパはラスボスですか、そうですか(笑)。
かおるの技だけ強そうなんですが(笑)。
詩音はチカン撃退術が欲しかったです!
ほたるは健ちゃん限定技ばかりw
静流さんは「魔女の微笑み」とかあるといいなぁ(ぁ
音緒の基本攻撃はマフラー使用だよね?
沙子の技は蹴りメインですね。フェイントには傘を使用するのか?(笑)
いのりは「髪飾りからビーム!」じゃないのかーーー!!
縁のお兄ちゃんどーん♪ヒドスw
果凛はジイヤが戦ってばかりwwww
あすかは基本的な技名ですね。「兄さんの加護」とかダメですか?
メインヒロインのメモリーズブレイクって怖いのばっかり((;゚Д゚)ガクガクブルブル
香月は何かの拳法ですか?(笑)

4月1日限定ページらしいので、お早めに~。
ところでこの画像は個人使用OKなんですかね?

「みんなでつくるメモオフCD!Season3 」について 

思ってたよりも声優さん豪華ですね<詳細
ちょっと安心したよ。これなら結構期待できそうです!
発売まであと一週間ほどですね。4000円の用意はできてますか?
給料が入るから大抵の人は大丈夫か(笑)。
私はお金ないので、『Film Makers』を買うだけで限界です(ぁ
評判が良ければ買うので、いろいろ意見を聞かせてね~。
ところで、「麻尋の日本昔話」で鶴の恩返し編が2回あるのは何故だろう?
前後編ということかな??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。