WHITE ALBUM2 幸せの向こう側|AQUAPLUS

美少女ゲーム業界の現状を語る 

近年の美少女ゲーム業界について、
「minori」の代表兼プロデューサーnbkz氏のお話。
平均年収は300万円以下?! 衰退化が止まらない美少女ゲーム業界の現状
(URL:http://biz-journal.jp/2013/02/300.html)

上記の記事を読んで、私が思ったことをあれこれ。

そもそもminoriはお金を使うところを間違えている気がする。
映像美がやりたいなら、アニメを作れと言いたい。
もしくは映画だな。
エロゲはシナリオとエロが一番大事。
CG解析度とか、最大まで上げる必要って無いと思うんだよねー。
綺麗な映像は確かに魅力ではあるけど、
エロゲってそういう方向に進むと会社が維持できなくなるだけだよなぁ……。

娯楽にかけるお金が1000円前後の若者に対して、
8800円のエロゲを買う若者がいないってのはわかる。
私も遊びたくても出費を考えると手が出せないでいる。
私みたいな人は結果として『割れ』に手を出すようになり、
ますますソフト本体は売れなくなるという悪循環。
まあ、私は『割れ』とは無縁だけども……。
一応これに対する策としては、初回出荷売り切りという方法でなんとかなっているようですね。
特典を付けまくって予約数を伸ばし、複数買いさせて一気に資金を回収する方法は、
ファンから搾取しようという魂胆が見え見えなのが問題だが、
こうするより生き残る方法が無いのだから仕方ないと思う……。
それだけに、ファン数を維持し続けられるかどうかは重要となるわけですね。

消費できる時間の無さという問題。
アニメが1話25分で4本見ても約2時間。
区切りが良く、それぞれに違う世界観があって、一気に娯楽としての満足感が得られる。
それに対し、エロゲは1作遊び終わるのに20~30時間も必要であり、
2時間遊んだ程度では満足しきれなかったりする。
ラノベだと1冊2時間ほどで読みきれるため、そこで満足できるだろう。
こうして見てみると、エロゲは話の盛り上がり(えちシーンを含む)が後半にあり、
止め時がなかなかやってこないのが問題だと思われる。
この解消法として、話数仕立てや章仕立てにした作品は有効だと思う。
「今日は1話分プレイして終わろう」という目標を立ててプレイできるからだ。
これなら、アニメとそう変わらない感覚で楽しめるのではないだろうか?
ただし、1話ないし1章における満足度が高くなければならない。
毎回、ちゃんとした起承転結があり、かつ面白いことが前提となる。
1話2時間のボリュームとして、最低でも15話分の起承転を用意するわけだ。
5人ヒロインがいれば、共通ルートを5話、各ヒロインのルートに2話ずつという計算になる。
あとはルートin後の2話の中で、1話につき2回のえちシーン(計4回)があれば、
エロゲーとしては概ね問題ないだろう。
要はゲームをプレイすることに目標を作ることだ。
ただ暇な時間にダラダラとプレイするのが従来のエロゲの楽しみ方だったが、
今は空いた時間にサクっとプレイできる形になればいいと思う。
オタクと呼ばれる人たちがPCの電源を入れない日は、ほとんどないと言っていい。
ネットサーフィンをした後の2時間だけプレイしてみようと思わせる作品構成であれば、
今よりはもう少し娯楽としての評価が高まるのではないだろうか?


現実は厳しいし、夢も希望もなくなりつつある業界だけどさ、
ユーザーから見る限りだと、まだまだ頑張れそうな気もしてます。
何だかんだで、やる気のあるクリエイターがたくさんいるしね。
ぶっちゃけ景気が良くないのが悪いんです。
世の中にお金が回っていれば、エロゲを買う人だって増えるはずなんだ!
と書くと見も蓋も無いのであった、ちゃんちゃん。

以上で終わりですー。
それでは、ごきげんよう!

ハピメア 体験版の感想 

【ハピメア】応援バナー
パープルソフトウェアより2月28日発売予定のハピメアの体験版感想です。
当然ですが、ネタバレが嫌な人は回避してくださいね。
応援バナーは出番の少なかった景子をチョイス(笑)。


PCスペックは低くても起動すると思われます。
ただ、若干重い時もあるかも。
あと、マウスクリックが正常に機能しないことがあります。
マウスポインタを合わせてエンターキーを押せば動くので、
プレイそのものに影響はないけどね。
(※修正版を出すそうです)

Hシーンダイジェストが最初から選べるので、
エロだけ気になる人も遊んでみるといいよ。
私は景子だけ見たわ(笑)。

作品は話数仕立てで進行。
体験版の中身は3話まで。
各話、2時間前後で読めます。
途中、分岐への選択肢がありますが、体験版では選択不可。
この分岐でヒロインのルートが確定するとなると、
個別シナリオは短そうな気がするが果たして……。

【序幕】
舞亜の声。
謎のお部屋。
「お呼ばれしたからには、おもてなしをしないと」
この舞亜の台詞からして、誰かに呼ばれたので現れたと推測できる。
呼んだのは透なのか、それとも……?
オープニングへ――

【第1話、夢見がちなリアリスト】
主人公・透のトラウマを夢で見る。
舞亜が居なくなったようだが、生死は不明なんだよなぁ。
神隠しにでも遭ったのか?
ここだけだと、明日君っぽい印象を受けた。
目を覚ますと咲がいる。
定番の朝起こしてくれる妹イベントですね。
個人的には、やはり声が合わない……。
ここで驚愕の事実だったのは、透の眼鏡は伊達眼鏡だったということ。
現実世界を見るときは、フィルターを通さないとダメらしい。
それほどまでに、透は舞亜の居ない現実から目を背けたいらしい……。
個人的には好きな中二病設定だわ(中二病って言うな
『咲は和服が似合う』というモノローグ。
後の夢世界での咲の服装は、やはり透のイメージから来ているのか?
翠京学園は付属から本校へのエスカレーター式らしい。
後に追加説明があるけど、転入や外部受験も受け付けているようで、
弥生先輩は外部受験で入学しているとか。
ちなみに、透は本校の2年、咲と景子は付属の3年。
高校生と中学生と考えるのではなく、大学生と高校生と考えよう!(笑)
校舎は違うが、特別教室などは共通で使用するらしく、行き来はしやすいようだ。
哲也と朝日の登場。
バカップルっぷりがウザイわー。
あと、哲也の中の人の演技に無理がありすぎる思う。
さすがに40歳にもなると、快活な学生の演技はちょっと……。
個人的に、未来ノスタルジアの冬弥もダメだったしなぁ。
弥生先輩の登場。
透は科学部だったのか。
弥生先輩は、普段は猫かぶっているそうで。
個人的には、弥生先輩は優等生キャラのままが良かったなぁ。
でもギャップは大事だし、ただの優等生キャラじゃ人気出ないから仕方ないかなー。
掛かりつけの医師はいるけど、病院に行くのは嫌だと言う透。
後に追加説明があるけど、学園側は透の病状を把握済みで、
病院へ行くと学園にも診断書が行くとか。
どうしても睡眠薬が必要な時は、弥生先輩がくれるものを飲む。
お代は先輩のお手伝いで払うって言ってたけど、
金額的にどうなんだろうなぁ……と思ったり。
あと、頻繁に『アルバイトをしている』という言葉が出てくるけど、
体験版の時点では一度もアルバイトに行くシーンが無いという……。
夢の中に舞亜が現れる。
幸せな夢の誘惑に負けそうになったところで、誰かの声で我に返る――

【第2話、イン・ワンダーランド】
目を覚ますと、今日も咲がいる。
登校中に、夢に舞亜が出てくるようになったことを咲に話す。
後に追加説明があるけど、舞亜が夢に出てこないようにするために、
明晰夢を会得したらしい。
実際には、明晰夢のおかげというよりは、咲のおかげによるところが大きいようだが。
咲と弥生先輩も一緒にお昼。
ここで、昨夜の舞亜が出てきた夢のことを話す。
なんだか弥生先輩を含めての会話は推理パートなのかなーと思った。
この後も、弥生先輩とは夢に関する話をすることが多いです。
家に泊まりに来る咲。
髪を下ろした咲が可愛いので、私なら襲ってるわ(笑)。
個人的に、克さんの絵よりも月杜尋さんの絵のほうが好みなんだよなぁ。
なので、好きなキャラも必然的に咲と景子になる(笑)。
ここからの展開は夢世界で進行。
有栖と出会う。
有栖、そして透も、他人の夢を自由に行き来できるらしい。
その起点となる場所が、このお茶部屋。
とすると、これは透のイメージで作られたものじゃないことになる。
元々存在していた、夢世界の中心的な場所なのかしらね?
2人と1人(透と舞亜、そして咲)。
それが、1人と1人に(舞亜が居なくなって、透、そして咲だけになる)。
だから2人になった(透と咲)。
けれど1人は2人だった(咲は舞亜を演じることになる)
これで3人一緒。
というような咲のモノローグ。
咲が夢世界にやって来る。
そして、咲を幸せな夢に誘う舞亜。
咲の望む夢の形。
それは本当の幸せ?
ここで分岐らしき選択肢が出るけど、選べません。
そのため、ルート確定なのかバッド行きなのかは不明。
なんだか咲の問題はここで解決してしてしまった感があるなぁ。
ここから先でルート分岐させるのは難しいのではないかしら?
やはり、あの場面でルート確定なのかなぁ?

【第3話、Getting entangled】
咲も昨夜の夢世界での出来事をぼんやりと覚えているらしい。
弥生先輩との推理パートで、他人が共通の夢を見ることの考察。
舞亜、そして有栖も、どこかで同じ夢を見ていたのか?
それについては否定的な会話が多いので、そういうわけでは無さそう?
舞亜も有栖も現実世界で生きててほしいのだが……果たして。
ようやく景子の登場。
駅前で歌を歌っているところに遭遇する。
体験版での出番はここだけなのに、個人的には景子が一番好きになったわ。
透とは面識が無いキャラだから、新鮮に映ったというのもある。
それを言うなら有栖もだけど、有栖はそこまで好きじゃないなぁ。
序盤は舞亜から透を救ったヒーローみたいな扱いだったのに、
その後あまり役に立っていないのでガッカリした、という理由からです。
やっぱり景子のテーマBGMは良いなぁ。
挿入歌もあるらしいので楽しみだ。
どうでもいいことだけど、私がスピンアウトで書いた景子との出会いシーンが、
本編とはあまりに違うことに笑ってしまったw
(※体験版が出た時点で公開は停止しています)
個人的に納得がいかないのが、景子のイメージがピーターパンだということ。
キャラ紹介に『ロックンローラー猫』って書いてあったり、
BGM名が『Of cat psychology』だったりと、猫をアピールしているから、
てっきりチェシャ猫なのだと思っていたのよね……。
まあ、よく見れば舞亜がチェシャ猫なのは明らかなんだけどさ……。
景子のシナリオはピーターパンというイメージのままで書かれているとしたら、
『ピーターパン症候群』が出てくると予想。
まあ、男性の症状だからどうかなーとも思うけどね。
ただ、大人になりきれないという問題や、透への依存なんかは起きそうな気がする。
誰も聴いていなくてもいい歌を歌い続けていることは自己中心的思考と言えるし、
母親がいないことも依存の理由としてはありえるかと。
「補導でもなんでもすればいい」という台詞も子供っぽい反抗に見えた。
おっと……つい、好きなキャラなので考察が長くなってしまったわ(苦笑)。
ここからの展開は夢世界で進行。
弥生先輩も夢世界へやってくる。
バニー衣装は透のイメージでは無いっぽい。
「バニー服が似合いそう」という透の台詞やモノローグも無かったし。
ここまでで透のイメージが反映されているのは、
『外の薄暗い森を髣髴とさせる景色、咲の衣装、成長した舞亜の姿』辺りか。
逆に反映されていないのは、『お茶部屋、弥生先輩の衣装、有栖の存在』辺りですね。
ただ、舞亜の存在も透の意識外から現れた感じがするし、どこまでが透の夢なのかしから?
弥生先輩も咲と同じく、舞亜に幸せな夢に誘われる。
この後のホラー映画みたいな展開は微妙に感じた。
必要があったのかどうかよくわからない。
まあ、ルートに入ってからの伏線になっているのかもしれないが……。
咲が銃を撃ったりするシーンは、もっとコミカルにいろいろ書いてくれても良かったと思う。
グレネードランチャーを撃ったシーンの描写もバッサリとカットされてるし……。
気になったのは、透が夢を操作できなかったこと。
咲の夢の時はできたのに、弥生先輩の夢ではできないのは何故だろう?
逆に、咲の方が夢を操作して銃を取り出したりしているわけで……。
この辺り、よくわからないね。
弥生のトラウマは、典型的なイジメってだけなのか?
これだけだと、ありきたりすぎてちょっと弱い気がするけどなぁ。
あまり重すぎても辛いけど、なんだか勿体無い気がした。
ルートに入るとまた違ってくるのかな?
ここで出る選択肢も選べずに進行。
透はよく耐えたな!
あんなの、普通なら無理だぜ……。
っていうか、有栖さんは仕事してください!(苦笑)


そんなこんなで、体験版はここまで。
誤字が異様に多いけど、テキストデバックが間に合ってないのかしらね?
今の時点でこれだと、発売日に間に合うかはギリギリといったところか……。
『喘ぎ越え』にはワラタw
そこは間違えちゃダメだろ(苦笑)。

全体の評価
簡潔に言えば「悪くない」としか言えない感じ。
先の展開は気になるし、エロシーンにも期待できると思うので、
雰囲気が気に入ったのなら買っても良いと思う。
おそらく地雷にはならない……はず……。
問題はギャグが薄いことですね。
シリアス色が強めで、終始重苦しい感じが拭えない。
もう少し笑えるシーンを増やしてくれないと、
プレイするのが辛く感じるのではないかと思います。
そういう作品だと覚悟していれば問題ないけど、
可愛いヒロインと楽しい学園生活がしたいと思っているなら、
買わない方が良さそうです。
あとは、舞台が家→学園→科学室→家→夢世界→家……以下ループって感じで、
主人公の行動範囲に幅が無さ過ぎるんですよね。
夢世界も、お茶部屋と変異した学園くらいしか行かないので、
ヒロインとのデートシーンすらないのでは……という不安がある。
シリアスでもヒロインとイチャイチャするシーンは欲しいんです!
まあ、いざとなればファンディスクという手もあるけどね(笑)。

結局のところ、「あなたは買うの?」と訊かれると、「お金が無い」と答えます(ぇ
別に無理してまで買いたいとは思わないのであった……。


以上で終わりですー。
それでは、ごきげんよう!

atled -第3部-のレビュー 

小さな風が吹いて、その風が起こした波は、
静かに、ゆっくりと、けれど確実に広がって。
今を生きる人たちに、未来を作るきっかけを与えたんだ。


パソコンパラダイス201号付録、atled -第3部-の感想及びレビューです。
エロゲーじゃないけど、カテゴリ分けは【エロゲーレビュー】にしておきます。

ぶっちゃけ1部と2部を遊んでません。
ただ、公式ページのストーリー紹介と3部の内容だけでも話は充分に分かるので、
興味があるなら、3部だけでも今すぐ買ってくる価値はあると思う。

たぶんネタバレすると思うので注意なー。



前置き
ディスクレス可。
完全フルボイス(各音量調節可能
クイックセーブ&ロードは無し(通常セーブ箇所は50
修正ファイルが出ていますが、無くても特に問題なく動作する。
すぐにアンインストールするなら必要ないかもね。

グラフィック
CG13枚(差分除く)。
クオリティは高いと思う。
好きな絵師さんだし、作品イメージにも合ってる。
枚数はこのボリュームでなら充分あると思う。
登録されないCGも2枚ほど?(車の中のシーン

音楽
音楽鑑賞18曲。
歌ギャラリー6曲。
ハンパじゃないクオリティです。
付録作品のレベルじゃない。
ボーカル曲が6曲って凄すぎます。
どれも良い曲なのでオススメよー!

エンドについて
あおばエンドをクリア後に、選択肢が追加されて
麻智エンドと晃司エンドが選べるようになる。
というわけで、エンドは3つ。
それぞれ専用のエンドボーカル曲があります。

シナリオ感想
3部を遊んだだけだというのに、この感動はなんだと!
たぶん、この3部に物語が凝縮されているからなんだろうなー。
1部と2部の出来事も若干回想されるので、問題なく物語に入れる。

作品の特徴として地の文が少ないというのがあるけど、
台詞が多いことでキャラへの感情移入がしやすかったので、
地の文が少ないのは良いことだと思う。
キャラの視点がちょくちょく変わるので、それぞれのキャラに愛着が湧きやすかったしね。
視点変更時にちゃんとメッセージウインドウの色が変わるから、
読みづらいなんてこともなかったし。

これはノベルゲーとして【読む】より、サウンドドラマとして【見る】べきだと思う。
なので、2週目からはオートがオススメかと。
時折挿入されるボーカル曲とかも自然に聴けるしね。

エンドとしては、晃司エンドが一番いいな。
たぶん、これがトゥルーエンドだろうし。
各エンドで内容が違うとはいえ、全体のテーマは同じだと思う。
結局のところ、【自分がどうするか】ということが大事なんだろうなと。
自分がどう行動するかで、未来は変わる、未来は作られる。
その結果に後悔したとしても、まだ未来は続いているのだから、
また次の未来を考えればいいのだと思う。

所詮はご都合主義だろ?とか、そんな都合よく未来が変わるなんてことが
あっていいのかという気持ちもあるだろう。
けれど、この作品においては全てが許されてもいいと思う。
これはあおばが変えた未来じゃない。
これはあおばに影響された人たちが作った未来。
その未来には、誰も文句を言う資格なんてないだろと。

こんな言葉がある。

過去と他人は変えられない。
けれど、未来と自分は変えられる。

それは確かにその通りだ。
正しいことを言っている。
だけど、本当にそれだけなのか?

この作品を遊んで、私はこう思った。

自分が起こす行動によって未来は作られ、他人の未来にも影響を与えることができる。
それと同時に、自分と他人の過去にも影響を与えることができる。
たとえ過去に起こった事実そのものは変えられなくても、
『その過去を振り返った時の気持ち』は変えることができるのだと。

あおばは、過去に飛んで未来を変えようとした。
だけど、自分ではなにもできなかった。
どうあがいても未来は、過去の事実は変えられなかった。
けれど、あおばが起こした行動は、周りの人たちに大小様々な影響を与えていた。
自分では変えられなかった未来を、周りの人たちが変わっていくことで、
新たな未来に作り変えることができた。
そして、無力だった自分の過去を振り返り、悔やんでいたあおばはもういない。
自分の過去は決して無駄ではないのだと気づいたから。
ホンの少しのきっかけ。
ホンの少しの勇気と、ホンの少しの行動が、新たな可能性を生み出す。
だから立ち止まれない。
次の未来のために、今をどう生きるのか。
答えはないけれど。きっと歩いて行ける。
その先に、幸せな未来があると信じる限り――


以上で『atled -第3部-』のレビュー及び感想を終わります。
3部だけでも買うことをオススメしますよ!
音楽なんかはガチで凄いからな!

一方的な明日 

天ツ風、カードバトルだけ遊んでる。
気づいたら2時間とか……。
楽しいからいいんだけどさ(えー

後半の難易度、あれ無理だろwwww
敵の上級スキルが開幕からガコンガコン入るw
身動き取れずに死ぬことなんて茶飯事ですよ。
一方的じゃないか、あはははは!

敵の開幕上級バニッシュUZEEEEEEEE!
今までの過程が全部無駄になるのは酷いや……。

反射ダメージが地味に痛いのは私だけ?
下手に大ダメージ与えるとこっちも死ぬのがキツイ。
だからって手加減してると、こちらが一方的に殴られる罠。

上級バニッシュ必須戦闘はそこまで脅威ではないんだけど、
時間が掛かるのが嫌。
しかも、こっちがそのスキルを使う場合は、敵の開幕上級バニッシュで無効にされるから
プレイヤーとしてはあまり使う意味の無いスキルってのが悲しい。

メディテートとバニッシュ。
今作では、これ以外のスキルはほとんど使わない。
イヴで使ってたクイック、ベルセルク、ジャミングをまったく使わないわ。
これってスキルで楽しむことが出来ないよねー。
自分の好きなスキルをセットしたんじゃ強敵には勝てないんだもの……。
キャラの個性に合わせたスキルをセットしたいのに、
メディテートとバニッシュで全枠埋めなきゃならないって……。

セットできるスキルの数を2倍にして欲しかったなぁと思ったり。
敵が開幕チートしてくるんだから、プレイヤーはスキル枠が2倍あってもいいと思うんだ。
1スキルにつき最大4~6枚までして、メディテート×12とかには出来ないようにすれば
バランス的にも悪く無さそう。
合わせて手札事故を減らすためにカードの最大枚数も10枚ぐらい増やせば完璧かと。
次回作での検討をお願いしたいのでアンケート出すかな……。

すっかり感想になってしまったが、感想を求めて来る人が多いしちょうどいいかな。
本編の感想はまだまだ先の話です。

殻ノ少女 レビュー 

Innocent Grey
殻ノ少女のレビュー及び感想です。
閉じ込めた想いは、昇華することなく旅をする。
胸に抱えた殻が割れたとき、瑠璃色の鳥は彼方へ――



前置き
ディスクレス不可(初回のみシリアルコードの入力
主人公以外フルボイス(各音量調節可能
ボイステストは自己紹介としりとり。
クイックセーブ&ロードは無し(セーブ箇所は10×6の60
PP-ピアニッシモ-の半分しかないです。
修正パッチあり。
誤字が数箇所あるが、その辺りは修正されていません。

オススメ攻略順とかはありません。
正確なエンド数は数えるのが面倒なので割愛。
攻略はググれば簡単に攻略サイトが見つかるので、そこでどうぞ。
一応、私も作ったけど、あれはほぼ自分用ですから役に立つかは……。
自力で攻略するのは、かーなーりメンドクサイです。

キャラクター(一部キャラのみ解説
冬子→ふゆこって言うなー!!好きなキャラだけどメインとしては弱いか?
綴子→トジ子って言うなー!色々と不憫な子でした。人気投票したら上位かも。
紫→むらさきって言うなー!かわしまさんボイスに癒された。エロが無い……。
透子→声が……。個別エンドで思ったより評価が上がった。中の人に笑うw
織姫→妙に存在感があった。もっと活躍させても良かったと思う。
杏子→事件に何も係わらない人。妙に優遇されてる気がするw
初音→カルタグラから出張乙。惚れやすいタイプと判明。

グラフィック
CG101枚(差分含まず)。
差分を含めるとおよそ180枚かな?
PP-ピアニッシモ-は差分込みで293枚あったんだけどなぁ……。
今回はカットインが無かったし、こんなもんか。
最低限必要なところにはあったし、システムに時間を割いてるから
仕方ないのかもしれないですね。
クオリティは……普通。
グロは力入れてると思う(そっち?
今回は玲人の顔があまり映ってませんね。
奏介さんとは大違いだw

音楽
音楽鑑賞26曲(主題歌(歌あり)は聴けません
PP-ピアニッシモ-よりは減ってますね。
全体的にしっとりした雰囲気の曲が多い。
すごく耳に残る曲ばかりで、プレイ中も音楽に意識が向く。
これは私としては珍しいことだったりします。
イノグレ作品では毎回のことですけどね。
ちなみのOPムービは入っていません。
あのムービー好きだったのになぁ……。
サントラは一般販売されています。
ただし、販売数はそれほど多くないらしい。

Hシーン
シーン回想12(織姫1、由記子1、冬子3、杏子1、初音1、
夏目さん2、トジ子1、透子1、寧々1)。
また減ったよ……。
夏目さんに2枠はいらないだろ!あと由記子も無くていい。
一色さんばかり4回とか出すぎw
シスマ関係のえちシーンも欲しかったなぁ。
内容がエロイかどうかは個人の判断で。全体的短めですけどね。
冬子と透子の中の人は頑張っていたと思うんだ。

以下ネタバレ、総合感想。

続きを読む

天ツ風 カードバトル体験版感想 

天ツ風 バナー
ナインテイルより8月29日発売予定の、<天ツ風 カードバトル体験版>の感想です。
これは神ゲーだぜ!みんな買え、買ってください。
目指せ1万本!!

ストーリーについては製品版で語りたいので、体験版ではバトル中心に感想を書きます。

キャラのカスタマイズが『機械仕掛けのイブ』に比べて、ラクに出来るようになりました。
右クリックで戻れることがこんなに幸せだったとは……(笑)。
解説で、キャラの超必殺技につての説明が無いね。今回は超必殺なし?
アイテムホルダーは、お金を貯めて購入し、セットすることで能力を上昇させることが可能。
『手札入れ替え+1』といった特殊アイテムもセットできる。
手札入れ替えが1度しか出来ない勝ち抜き戦では、かなり有効なアイテムですね。
見落とす人は居ないと思うけど、変更は『術/装備』というボタンから。

戦跡が残るのはやっぱり少し嫌だったりします。
私は負けた情報を見るのは嫌いなので……。
RPGでも逃走回数とかが記録されるのって嫌いです。

スペック変更ですが、ノーマルで充分です。
ノートパソコンだとノーマルが宜しいかと。
スペックを変更すると初回のバトル読み込みに時間が掛かるね。
2回目以降はスムーズなので安心した。

自由対戦 キャラのレベル上げとお金稼ぎが主な目的。
4対4で、相手チーム4人全員を倒せば1本という勝負。
1本先制か、2本先制かの勝負が選べます。

勝ち抜き戦
1対1でのサバイバルバトル。
全7戦。ものすごく過酷です。
連携や仲間の入れ替えが出来ないのでかなりキツイ。
必殺技2発喰らったらアウトと考えよう。

チーム戦 キャラの入れ替えを駆使して戦えば負けることは少ない。
4対1、こちらが4人なので負けることは100%ないだろう。
4対2、まだまだ余裕。
4対3、ここまで無傷に近いならラクに行ける。
4対4、ここからが本番。ここまで無傷で来ていることが望ましい。
    温存していた連携攻撃(3~4はあるはず)を駆使して一気に勝負をつけても良い。

任務 体験版では使用不能。
ストーリーモードで行ったバトルを何度でも遊べる。

一通り遊んでみました(まだLV.35は解放していません)が、
楽しすぎて時間を忘れます。
気が付いたら2時間とか余裕(笑)。
シンプルで遊び応えのあるゲーム性は、イブの頃から変わってないですね。
しかも今回はかなりシステムが進化しているので、遊びやすさが段違いです。
リミットブレイク+必殺技1発で即終了というシビアさもなく、
チーム戦においては仲間の入れ替えが出来るので、
キャラが倒される確率はかなり下がりましたね。
まぁ、1対1の勝ち抜き戦はキツイけどさ……。

チーム戦で使える連携攻撃が楽しい!
これで出す最高ダメージは爽快よー。
当然相手も使ってくるけど、上手く防いでしまえば大丈夫。
ちなみに、私が出した現在の最高値のワンショット(みるボイスに萌えながらw
このあと48749ダメージまで行きました(平均レベル15です
スレでは30万出したという報告を見たたので、
まだまだハイスコアには遠いですね(苦笑)。

敵の思考ルーチンですが、強い数値のカードを出す、というは基本は変わってないね。
時々そうじゃない場合もあるけど、相手が必殺カードを持って無いなら気にならないでしょう。
相手が必殺カードを持っていると、高確率(80%ぐらい)で温存してきます。
こちらに確実に当てられるようになる(※手札の種類が3枚になるorこちらの手札の
種類が2種類以下になる)まで、1~2ターン待つ傾向があるようです。
それでも揃わなければ出してくるっぽい。
もちろんいきなり出すこともあるので、警戒は怠らないように。
各キャラ最低でも1発は耐えられるので、どうしても喰らわざるを得ないときは、
HPと防御の高いキャラにチェンジすればと大丈夫かと。
すぐに後列に下げて、HP自動回復を待てばいいしね。
1対1の勝ち抜き戦では、もうどうしようもない……。
まぁ、難易度が上がればもっと複雑になると思います。
製品版までに改良されることもあるだろうから、あくまでも体験版での話ね。

キャラクターについて。
攻防安定しているのは、主人公の陣馬。
トドメや壁役、何でもこなせます。
防御とサポート主体なのが、くノ一である那爪。
攻撃力は低いが防御力は高めなので、ジャミングを使って
相手の能力を下げるなどのサポート役が基本。
一撃必殺で仕留めるタイプの紅火。
上級スキルの充実さが強み。『慧眼森羅』による攻撃予測スキルは強力。
相手の出すカードがわかっている状態で、『遠当て』+必殺カードを当てるのが理想かと。
恐らく製品版では『慧眼森羅』の解放はもっと高レベルになってからだろうね。
他のキャラはどうでもいいや(えー
雑誌についてくる体験版(今月末発売号だっけ?)では使えるキャラが違うけど、
雑誌の方は買うつもりないです。お金ないので……(またか

以上で『天ツ風』バトル体験版の感想は終わりです。
私はナインテイルの社員(嘘)なので何度でも言いますが、
本当に面白いので買ってください!
今年のエイプリルフール企画(スーパーメカッ娘戦記)を実現させるためにも!
目指せ1万本!!

ちなみに、こっちは購入後のカードバトルの簡易感想。
本編はまだプレイしてないです(苦笑)。
少しネタバレを含むと思うので、注意。

春色桜瀬 体験版(ver.2)の感想 

【春色桜瀬】応援バナー
発売延期の告知も正式に出ましたね。
ということで、体験版感想でも。
おざなりな箇条書き感想ですが……(えー

出だしが好き。良いテキストだと思う。
その後の、みるボイスにフイタw
立ち絵の使い方が上手いなぁ。斜めに表示するってw
「備えあれば嬉しいな」もう名言が生まれた!
ハートマークが出てきた!
ビックリマークも出てきた!
ハテナマークも出てきた!
後ろを振り返る立ち絵が微妙だなぁ。
というか、後姿が太い……。
すげー、バスが動くよ!
でも、信号で一度も止まらない。
これがノンストップバスと言うものか……。
えー、綾乃って普通に胸あるように見えるんだけど?
タッチ、タッチ、ここにタッチ♪
ばっちこーい!
運転手さんいるのに(苦笑)。
その気になれば、すぐに素敵な彼女ができるだと?
どんだけ主人公はイケメンなんだよ!
えー、早々に妹寝取られフラグが立ったよ……。
と思ったら、なんだその兄ラブッぷりは!
主人公もアレだが、このはも大分アレだな。
ボケボケカップルになりそうだ(苦笑)。
主人公モテすぎ、氏ね!
朝起きたら幼なじみが同じベットで寝てた……明日君のデジャビュ。
撫子はちょっと早口で喋るのね。
上流階級ならもう少しおっとりしてた方が宜しいかと。
頑張れ妹、今のところ唯一のツッコミ役だ!(苦笑)
会話が進まねぇ!
何か喋るたびに、主人公と撫子が喧嘩を始める。
クーデルハイツがお隣さんかー。
ごめん、撫子が可愛いんだ。
下級生に嫉妬するなよ(笑)。
新学期早々から可愛い女の子3人に囲まれて登校とは羨ましいな!
男キャラ来たー。
仲良しカルテットにフイタw
「なでりん」とか「なでちん」とか撫子の呼び名多いな(笑)。
千夏先輩はテンション高すぎだろw
ちゃんと抑え役が居て良かった(苦笑)。
新学期に『転校生』という表現はどうなのかな?
やっぱり撫子が可愛いです。
あー、ファミレスの背景がいいなぁ。
明日君にはこれが無いんだよなぁ……。
風音さんキャラ来たー!
無愛想だなぁ。Sキャラか?(笑)
お祝いパーティー。
テーブルの上に食べ物が無いのに何食べてるんですかね?
またかーーーー!!朝からおっぱい揉めるとか幸せすぎる!
なんというタイミングでの妹登場!空気読みすぎw
明日から4人の美女に囲まれて朝食をとるだと!?
リア充すぎるだろ主人公、氏ね!
クーデルハイツの精神年齢って(苦笑)。
撫子ツンデレw
ずっとこのターンのターン!って書くとややこしい(笑)。
オカルト先輩きたわー。
見た目から既に怪しい人ですね(えー
千夏とは仲悪いのか。
ここで風音さんキャラが出てくるとはビックリだ。
抑え役だったのか。
変な先輩ばかりいる学園だな。
付き添いの相方は大変そうだw
黒井先輩うぜえぇぇぇ!
『黒い』先輩という名前がぴったりの黒さだぜ!
なるほど、オカルト研究会は桜の木伝説に係わる意味で必要なのか。
ぎゃー、可哀想な桔梗w
女の子らしくなるためにバイトか。
金のためじゃないのね(えー
朝から美少女に起こされる主人公、氏ね!
それでも、撫子が可愛いんだ。
明日の死亡フラグが立ったーーーー!!(笑)
行き倒れた女の人きたー!
授業開始の日早々に遅刻するってのもすごいなぁ(苦笑)。
お昼は学食なのか。屋上でお弁当というシチュエーションは無いんだね。
また行き倒れてるーーーーーー!!(笑)
っちょ、え?漫画家だったの!?
お風呂に入ってない……だと……!?
って主人公自重しろwwwwwww
岡崎さん冷静すぎるwwwwwww
この家はしょっちゅう悲鳴が鳴り響くなぁ(苦笑)。
そこで結婚フラグが立つの!?
選択肢が出てフイタw
ものの3日でお隣さん増えすぎwwwww
さて、死亡フラグの回収か……(苦笑)。
クーデルハイツの味覚はどうなっているんだ!
食べたー!沖田兄妹は勇者だな!
ダメだ、このヒロイン達……生きろ沖田兄妹。
うわー、副委員長(主人公)争奪戦が始まった。
モテすぎだろ主人公、氏ね!
逃げの一手!助け舟に感謝だなw
また岡崎さんきたー!2度あることは3度あるぜ!
岡崎さんはこれからもずっとこんな感じで行き倒れ続けるのか?(笑)
だから、ヒロイン達の味覚はどうなってるんですかと!?
正直にマズイといえばいいのに、沖田兄妹は身体張るなぁ(苦笑)。
お前らは朝から何をやっているのかと!!
身体測定のために朝食を抜くって、実際にやってる人いるのかなぁ?
良くても1キロが限界だと思うけど、それでも減れば勝ちなのかしら?
覗きはいけな……くもないこともないと思います!
このはさんナイスフォロー!
またモテる主人公の所有権争いですか、氏ね!
やっぱり土曜日も授業があるんだなぁ。
撫子は他のキャラといがみ合いすぎだろ。人気大丈夫か?
いや、私は好きですけどね。
俺の魅力は108式まであるぞ!
うわー、「無理」がキツイなぁ……。
男キャラって居る意味あるの?扱い酷くないか?
あー、またお礼という名の死亡フラグが!
頑張った、主人公お前は頑張ったよ。
お泊り……だと!?
何このハーレム主人公、氏ね!
夜のお散歩はいいよなぁ。
女の子と一緒だともっといいよね!
と、ここで終わりか……。
気になるところで終わるように出来てるのが憎い。


全体としてまとめ。
小さく伏線が貼ってあって、続きは気になる。
システムは明日君と同じっぽいので、特に言うことなし。
キャラは撫子が好き。
桔梗の出番が少ないのが残念だ。
個人的にクーデルハイツは喋らない所為もあってか、空気だった(えー
妹の方が目立つんだもの……。
なんにしても、主人公がフラグ立てまくりで、誰かに絞るのが難しいね。
あとは、サブキャラをどう動かすのかにも注目したいところ。
男キャラの扱いはもっとどうにかして欲しい。
このはの印象を悪くするだけのような気がするんだよなぁ……。

主人公が恋をしない理由がポイントかな?
体験版は面白かったと思うので、問題なく売れると思います。
あとは完成を待つばかりですね!
以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

もしも明日が夢ならば 

夢見白書バナー
H℃より6月27日発売予定の、夢見白書の体験版感想です。
シナリオ担当、木村ころやさん

うわー、もうマジ神!なんだこの文章力。
これで『文章力は皆無だと思っています』とか言われたら、
私が明日君のスピンアウトで書いてる作品なんて下の下の下じゃないですかっ!
本当にプロットをしっかり作ってるんだろうなぁ。
いつまでも読み飽きない素晴らしい文章でした。
なんか色々豆知識が増えて面白かったし(笑)。

OPは橋本みゆきさんなんだね。
ちょっとビックリしたよ。
主題歌CDが初回特典に付くのは嬉しいなぁ。

システム関係は平均的だと思います。
各種のボタンがテキスト欄の下にズラーっとあるのは少し邪魔かもしれないけど……。
バックログで、シーンごとに戻れるのは良いね。
ログを表示すると音声が途絶えるのがネックかな?

作品内容は『白』だそうで。
夢見師のときのような鬱度は少なめになるのかな?
私は、夢見師のような『黒』の話の方が好きなんだけど(えー

体験版では登場人物が環、空、夢加、翔子、陽しか出ないので、
他のキャラがどんな活躍をするのかが楽しみです。
体験版ではまだ聖の出番が無くて、五行さんの声が聞けなかった!(泣)

邪ロリこと夢村登瀬さんの再登場は嬉しいなぁ。
他のキャラは……さすがに無理か?
今回は亜佐美のような、立ち絵なしのキャラは居ないのかな?(笑)
夢見白書はキャラクターが多いから無いか。

おお、好きな作品の世界観継承作品ということもあって、
体験版の段階で感想がこんなに長くなった(苦笑)。
ああ、発売日が待ち遠しいー!

以上で、夢見白書の体験版感想は終わりです。


ついでなので、前作の夢見師のレビューも置いておきます。
※別ウインドウは開きません。
別ウインドウがいい人はShiftを押しながらクリックしてね。
あと、完全にネタバレなので注意。

夢見師 レビュー その1
夢見師 レビュー その2
夢見師 レビュー その3
夢見師 レビュー まとめ

うわー、今読み直すと辛口な評価してるなぁ……(苦笑)。
でも、今では夢見師のこと大好きです。
あんなに考察に時間を費やしたんだから、愛着も湧くってもんですよ(笑)。
他人が読んでもほとんんど意味が分からない可能性があるので、
余程、夢見師が好きだと言う人だけ、カテゴリーから『夢見師 考察』へどうぞ。
最終的なまとめを放置しちゃってるので、どうにかしたいのだが、
それをやる時間が無い(苦笑)。
自己満足って罪よね!(ナニイッテンノ
ところで、あの考察はシナリオを書いた木村ころやさんが読んだら、
どんな反応が返ってくるのかしらね?
ぎゃー、考えると恥ずかしすぎる!(死)

それでは、ごきげんよう!

世界は殻に包まれて―― 


殻ノ少女』の体験版をプレイしました。
面白くてしょうがない!
やっぱりこのメーカーの作品雰囲気は私を虜にしてくれます。
序章ということで、キャラ紹介でもなんでもなく、普通に本編前の話が展開。
登場人物は半分も出てないくらいですかね。
キャラクターのボリュームサンプルにメッセージを仕込むのは製品版待ちかしら?
サブタイトルが『心理試験』でしたが、あまり意味を持ちませんでしたね。
もう少しサブタイトルに見合った内容が見たかった……。
まぁ、この時点でたっぷりグロイことは分かったので満足満足(えー
この先の展開を想像するだけでニヤニヤしてしまう(苦笑)。
魚住のツンデレっぷりには大笑いした(笑)。

デモムービーも見ましたよー。
これ最初に見たとき私は泣いた(ぇ
だって完成度高すぎなんだもの……。
現状である素材だけでここまでの演出ができるとは、驚きです。
PP-ピアニッシモ-のデモムービーでも私は感動して泣いたし、
イノグレは本当に大好きだ。

明日の君と逢うために レビュー 

【明日の君と逢うために】応援バナー
Purple softwareより好評発売中の「明日の君と逢うために」の総合レビューです。
失った日々を取り戻すために僕は帰ってきた。
だけど時として人は過去との決別を迫られる。
僕らは歩んでいく、明日という未来に向かって――。


オススメ攻略順は、瑠璃子→小夜→あさひ先輩→明日香→舞→里佳姉だと思う。
私がプレイした順番そのままですけど、伏線の回収の意味ではコレがベストっぽい。
もちろん好みで進めても何の問題もありませんよ。

各シナリオの感想は以下からお願いします。
下へ行くほど感想というよりは考察の域に入るので、読むのが大変になります。
何度も言うけど長いので(苦笑)。
※別ウインドウは開きません。
別ウインドウがいい人はShiftを押しながらクリックしてね。

瑠璃子シナリオ感想
小夜シナリオ感想
あさひシナリオ感想
番外:七海について
明日香シナリオ感想
舞シナリオ感想
里佳姉シナリオ感想
番外:登場キャラと物語の関連性

では、ここから総合レビューに入ります。
前置き
ディスクレス可能。
主人公以外フルボイス(キャラ別で音量調節可能
クイックセーブ&ロードあり(セーブ箇所は18×7の計126
バグは瑠璃子のえちシーン、舞のえちシーンにあります。
他の不都合はホームページにて確認を。
誤字脱字も少しあり。
その辺の詳細は各感想の記事にてお願いします。
最新の修正パッチを当てると直るのかな?
私は当ててないので分かりません(えー

タイトル画面で約30秒ほど放置しているとキャラクターの自己紹介が流れます。
どのキャラの自己紹介が始まるかはタイトルコールをしたキャラで決まるみたいですね。
全キャラクター分あるので、すべてを見るのは割と時間が掛かります。
狙ったキャラじゃなかったときは一度『おまけ』を選択してからタイトルに戻るといいよ。
自己紹介の時間はキャラによりけりです。
まぁ、基本的に2分30秒前後かな?
ネタバレとかは無いので安心して聞いていいと思います。

キャラクター
明日香→成績優秀&運動神経抜群、空気の読めない子、カンは鋭い、人気が無い(ぁ
小夜→ツンデレ、攻撃的、金銭的にお嬢様、通販生活、メディオ担当ブログのネタ要員(オイ
瑠璃子→天然ボケ、巨乳、お菓子作りが趣味、兄には毒舌、自他認めるMっ娘
あさひ→ちっこい先輩、演劇が得意、語尾に「だよー」を付ける、喋りだすと止まらない
→バイト先の上司、ツインテの悪魔、悪の化身、職権乱用、七海の弄りの天才
里佳姉→修司の従姉弟、保護者、学園長、気配りの出来る大人、というよりおばさ(パーン!
七海→真のヒロイン、いい奴だけどバカ、無駄に巨乳、無駄にバイトしすぎ、姉妹が居る
瀬戸→腹黒い、医者志望、大して活躍しない、中の人は人気者(えー
直輝→仏頂面、シスコン、医者の腕は確か、俺の車が……(笑)
りん→神様、ちんまい、食いしんぼ、メール打ちの達人、お持ち帰りしたい(ぇ
個人的にはあさひ先輩は当然として、瑠璃子がかなり好きだった。
色んな場面でMっぷりを発揮してくれるので楽しすぎるw
舞と七海の格好良さは異常!月花の店員はよく鍛えられているな!(関係ない

グラフィック
CG141枚(差分除く)。
クオリティの高さはかなりのものですね。
枚数も多いですし、頑張っていると思います。
思ったよりえちシーンのCGが多かったのでビックリ。
良いCGを各キャラ1枚ずつ紹介すると、
明日香(花火)、小夜(水着に着替える)、瑠璃子(告白シーン)、
あさひ(ほっぺキス)、舞(ラストシーン)、里佳姉(夜教室)。

音楽
音楽鑑賞34曲(OP、ED曲含む)。
多いよ!普通は25曲ぐらいじゃないのか?
比較的賑やかな曲が多め。季節が夏だからでしょうかね?
泣ける曲というのは無かったかなー。
曲の使いどころがイマイチだったからかな?
主題歌のTIMEだって、最後は歌詞入りを使おうよ!
七海の登場シーンに掛かる曲は妙に頭に残って離れません(苦笑)。

Hシーン
シーン回想16(明日香3、小夜3、瑠璃子3、あさひ3、舞3、里佳姉1)。
全体的に長めで、内容も濃い。実用性は充分あるかと。
というか、舞ちんのエロさがハンパじゃないぜ!
中の人が最強すぎる……。
と言いつつも、えちシーンはあまり必要なかった。
舞のラストシーンはスキップしたしなぁ。
えちシーンに意味があったのは瑠璃子シナリオぐらいかも。

エンドについて
ハッピーエンド6+ノーマルエンド2の計8エンド。
小夜と瑠璃子だけエンドが2つあります。
攻略は簡単なのでセーブしながら進めれば問題ないと思う。
前の選択肢に戻る機能もあるしね。
ルート入りしてからは選択肢が一切ないです(小夜、瑠璃子除く
里佳姉のみ他5人をクリアしてからルート解放。

総合感想
考察の方でも書きましたが、この作品は
大人になるとはどういうことなのか?
神様に頼るのではなく、自らの足で進むことの意味と大切さ。
自分の幸せは自らの選択によって決めるものである。
あなたが大切にしたい居場所はありますか――

といったようなメッセージが込められていたのだと思います。
ただ恋愛をするだけではなくて、自らが進むべき道の選択と、
心の成長みたいなものが描かれていたように感じました。
まぁ、そんな堅苦しいことはここまでにしておきましょう。

どのキャラクターも魅力的でとても楽しむことが出来ました。
修司&小夜、舞&七海、あさひ&里佳姉、
これらの組み合わせは漫才デビューが出来る(笑)。
ドラマCDでコントをやって欲しいな!(えー

演出面の作りこみは凄かったですね。
背景アニメーションは今後も続けて欲しい。
でもテレビにプリミティブリンクのムービーが流れるのはちょっと……。
明日香の真剣な話が台無しになったよ。
次回作で明日君のムービーを使うとおっぱいだらけになる罠(苦笑)。

ファンディスクは個人的には無くてもいいと思ってます。
七海の攻略は出来なくてもいいよ。
もうあれで充分だ。七海は最高に輝いていたよ!
でも、りんは攻略したい……(えー

エロゲを買ったのは久し振りでしたが、良い作品に出逢えたと思います。
お金が無いからエロゲを買う場合は慎重に決めないといけないのですが、
この作品は特に迷うこと無く買おうと思いましたからね。
期待通りの出来でよかったです。
今度のパープルさんの活動にも期待が高まりました。
これからも頑張って欲しいですね。

以上で「明日の君と逢うために」のレビューを終わります。
それでは、ごきげんよう!

さくらシュトラッセ 体験版TGverレビュー 

【さくらシュトラッセ】応援バナー
ってまぁ、そんなに大した内容ではないので、
わざわざ記事にする必要があるのかはちょっと疑問ですけどね(ぉ

TG(テックジャイアン)verは、1月号の付録DVDに収録されています。
本編のマリーが「かもめ亭」のシェフに任命されるまでプラス、
おまけのオリジナルエピソードという構成で、ちゃんとボイスも付いています。
オリジナルエピソードとはいっても、時間にして10分無いぐらいの短さ。
主にクリスが町並み(さくら通り)を紹介する程度です。
クラウディアが好き…というよりは、中の人スキーなら楽しめるんじゃないかしら?
一色さんが面白すぎて困ります!
ラジオでも言っていたが、「おーっほっほっほっほっほっ!!」は沢山聞けます。
音声ループする場所もあるからね(笑)。

特別出演(?)として早希さんにも出番があったりします。
「クラウディア・クレメントの世界征服会議」のスポンサーらしいです。
機材などの予算提供をしてくれてるんだってさ(笑)。
そんなの魔法でどうにでも出来るんじゃないのかしら?(ぁ

ちなみにこれ次回にも続くみたいです。
次号の2月号に本編体験版の続き(恐らく配信中の体験版部分まで)と、
「第二回、クラウディア・クレメントの世界征服会議」が収録される予定。
あと、描き下ろしのファンシーペーパーも付くので、次号のTGは要チェックですよー。

以上です。それでは、ごきげんよう!

さくらシュトラッセ 体験版感想 

【さくらシュトラッセ】応援バナー
ちょっと遅くなったけどまぁいいでしょう。
ぱれっとより1月25日発売予定のさくらシュトラッセの体験版感想です。

まずシステムから。
これは不満が多いですね。箇条書きでいきます。
・バックログの参照時に再生中の音声が消えるのをやめて欲しい。
・バックログの上下が一般のシステムと逆なので慣れが必要。
・選択の確認「はい」「いいえ」は自動追尾(自由にON・OFF可)にして欲しい。
・クイックセーブは独自の枠を作って欲しい。
・日付が変わるときのアイキャッチが長くて微妙(ON・OFF付けて~)。
・Ctrlキーなどで未読メッセージの強制スキップが出来るようにして欲しい。
・スキップ中の音声は再生しなくてもよいと思う。
・スペースキーでメッセージウインドウの消去を出来るようにして欲しい。
以上ですかね。
特に上2つは直した方がいいと思う。
他は個人的な使いやすさの問題です。

絵について。
これは文句なしです。
立ち絵もよく動くし、イベントCGも綺麗。
かりんの両手を上げた立ち絵が大好きです!(笑)

音楽について。
春、ドイツっぽさ、洋食店。
それぞれに合ったものが提供できていると思います。

さて、肝心のシナリオについて。
これはどうなんだろうか?
色々と設定にツッコミを入れたい部分があるよね?
・過労になるほど忙しいなら、従業員を増やせばいいと思う。
・どうしても厨房は美咲さんにしか出来ないのであれば、客席を減らすべきなのではないか?
・2階にまでフロアがあるのはどう考えても多すぎです。
・そもそも1ヶ月の休業なら別に気にする必要は無いのでは?
・75点の料理で店をやろうとするのはちょっと……。
・春美の実力が低すぎてプレイヤーもガッカリ。
・結局使わないなら、魔法とかのインチキ設定は無くても良かったような……。
・そもそも魔法と魔女の設定自体が無くても良い。
・クラウディアさんは絶対にいらないと思う。
・ここからの展開に何を期待すればいいのかよく分からない。
以上が体験版を遊んで思ったことですね。
あれー?あまり良い評価が無いぞ?(苦笑)

キャラクターはみんな好きですよ(クラウディアさんはいらないけど)。
特に優佳さんとルゥリィは最高です!
諭吉を数える優佳さんには爆笑してしまったw
ルゥリィについては何も言わなくても分かるよね!(何

でもね、主人公の好感度だけはどうしても上がらなかった。
春美の設定がなぁ。実力も乏しいのに熱血で調子に乗りやすく、
そのくせ落ち込みやすく意地っ張りで、でも他人に厳しくは出来ない優しい性格。
誰が見ても「うわー……ウザイ」となること請け合いじゃね?
頑張ってることは認めたいのだが、出来ないのならするなと言いたい。
仕事を辞めてまで「かもめ亭」に戻る必要もないしさぁ。
もっと実力がついてから「かもめ亭」を継ぐなり、
自分の店を開くなりした方が良いと思う。
魔法に関しても、ダメといったり妥協してもいいとか言ったりで、なんなのかと!
もう何がしたいのかよく分からないです……。

でもまぁ、これからだよね、これから!
魔法禁止で二人で頑張ると決めた以上は、最後まで頑張って欲しいものです。
別に嫌いとは言ってないし、これからプレイヤーへの好感度がアップすれば大丈夫だよ!
残る問題は、クラウディアさんが物語にどう係わってくるのかですね。
最後のこの人の登場で一気に不安感が増したんですけど……。
「かもめ亭」の問題を解決していくだけでは面白みが無いから、
魔法と魔女という設定があるんだろうけど、激しく不安だ……。

最後に、冒頭のドッグファイト。
天使とダンスではなく、魔女とダンスがやりたかったのかな?
エースコンバット的な意味で(笑)。

絶対幸せ宣言っ! 体験版レビュー 

eighth noteで製作中の『絶対幸せ宣言っ!』の
体験版を遊んでみたので感想を書きます。
※リンク先は音が出るので注意してくださいね。

まずクイックセーブがあることに軽く感動した(ぇ
まぁ、そんなことは置いといて。
開始から即効で泣かせに来ましたよっ!
何だよコレ!不意打ちマキシムブラシターでI can fly!(意味不明
しかしちょっと会話が長すぎたかなー?
やる覚悟決めてるなら、長々と会話しない方が良いと思う。
言ってることは殆ど同じような台詞だし、
あの半分くらいの会話で良かったんじゃないか?

プロローグでちょっと潤んだ後は盛大に吹いた!
空乃太陽さん自重!(笑)
もう何か色んな意味で頑張りすぎだろ!
女声を出させたら間違いなく最強!(笑)
ただ、若本っぽい感じで喋るのはヤメテー。
台詞を言うスピードが遅いのでイライラする!

う~ん、お話としてはちょっとインパクト不足かなーと。
パロディが多いのは良いのだが、あまり面白くない。
主人公のツッコミが甘すぎる!
もっとハッチャケてくれた方が面白いんだけどなぁ。
暇な会話が続いたときは流石に少しダレたよ……。

けどまぁ、物語のテーマは悪くないと思うよ!
「世の中に『絶対』なんてモノは無い」という言葉を良く聞く。
でもそんな台詞は、ただ諦めちゃってるだけなんだと思う。
嫌なことや辛いことから逃げちゃってるだけ。
『弱い自分』は誰の心の中にだって居るんだ。
皆それぞれが弱い自分と戦ってる。
その為の力は自分独りじゃ足りないかもしれない。
でも人は独りじゃない!
その事に気付いたとき、人は何モノにも負けない力を得る。
そしてその力で幸せを掴むことが出来るんだ。
だから!そのために!皆が幸せを掴むことが出来るように!
ガッツと根性と気合で――絶対幸せ宣言っ!

みたいな?

演出とかはかなり良い感じ。
黒板ネタも相変わらずのようだしね(笑)。
買ったらまた「StarTRain」みたいにまとめてみる予定。

あと音楽は神!文句のつけようが無い!
サントラが早く欲しいです。

これでレビューは終わりです。
まだ次の体験版があるっぽいので、またそのときに。
今回みるさん出てこなかったし、風音さんもちょこっとだけ……。
次では出番多いといいなぁ。

買うかどうかは現時点ではまだ分からないなぁ。
サントラCDが欲しいから買いそうな気はするけど(えー

夢見師 レビュー まとめ 

H℃(エイチドシー)より好評発売中のPC版『夢見師』のまとめレビューです。
失うことの悲しさよりも、誰かの幸せを願う。
たとえ今が孤独であっても、あなたと過ごした時間は夢ではないから――



前置き
ディスクレス可能。
主人公以外フルボイス(女性のみにすることもできる
クイックセーブ&ロードはあり(セーブ箇所は80
誤字脱字は覚えてる限りでは一箇所あったと思う。

グラフィック
CGは夏子63枚、奈緒70枚、咲夜65枚、星夜15枚、その他15枚の
計228枚(すべて差分込みです
良い絵はホントに綺麗。雰囲気も良いしね。
枚数はちょっと少ないかな?ほとんどが使いまわしだし。
これってエロの無いPS2版はもっと少なかったんだよなぁ……。
まぁ、必要な部分にはちゃんとCG入ってるからいいけどね。
ただ、邪ロリのCGが無いのはどういうことかと小一時間(ry

音楽
音楽鑑賞17曲(OP曲は聴けません
どれも良い曲ですね。和の雰囲気の曲が多めです。
家に和室のある人はお茶を飲みながら聴くと良いかも(笑)。
PS2版のサントラは売ってます。

Hシーン
シーン回想10(夏子3、奈緒3、咲夜2、星夜2)。
各キャラ1回ずつアニメーション付きのシーンがあります。
そして、咲夜以外のキャラは陵辱系のシーンが1回ずつあります。
純愛ゲーだと思って油断してるとショックが大きくなるので注意。
耐性が無い人はスルーしましょう。
シーン自体は長めなものが多く、アニメーション付きだったりと実用性はある。
全キャラがエッチにはオープンな性格なので笑ったw
広宇は全キャラとエッチするので羨ましいことこの上ない!

エンドについて
ちょっと複雑ですが、
1章で3エンド(トゥルー、ノーマル、バッド)、
2章で3エンド(トゥルー、バッド×2)、
3章で6エンド(夏子、奈緒、咲夜、バッド×2、亜佐美)
の計12エンドとなっています。
トゥルーエンドはそのまま次の章に繋がるエンドという意味です。
攻略は、選択肢を総当りするしかない。
でも『前の選択肢に戻る』や『クイックセーブ』もあるし、適当で大丈夫。
エンドムービーが飛ばせないという不親切設計はどうにかして欲しかったかな?
一度見たエンドのは飛ばせるけど。
亜佐美の攻略は『屋上に行かず』に、『自分』を選べばOK。

キャラクターについて(というより中の人についてか?
真田夏子
巨乳&腹黒を標準装備したエロイ人(ぇ
お姉さん系のキャラなんだけど、何か違う気がするよね。
落ち着きがあるのに無邪気でおちゃめなところもあるしさ。
というか何だかテンションが高い(笑)。
ついでに言うとおばさn(ry
深井 晴花さんの演技としては珍しい部類ですね。
もしかしてお酒飲んでる?(えー

森田奈緒
貧乳&おバカを標準装備した弄られキャラ(笑)。
だが、何だかんだ言って一番常識のある子だったりもする。
ボケよりはツッコミの方が得意だし(笑)。
2章では奈緒がメインなので楽しくってしょうがない!
声がみるさんだから面白さが倍増するし。
これはホントに良いキャラだと思う。
あと、どうでもいいけど、みるさんのトークって「いやー」から始まることが
多いのは気のせいですか?(笑)
ついでに、ドラマCDでの喋りっぷりにはワラタw

住吉咲夜
根暗キャラです、以上!(マテ
何気に毒舌だったりもするから侮れない(笑)。
オタク趣味に詳しいのは何故ですか?
スク水には爆笑したんですがっ!しかも旧スク(笑)。
椎名 愛優(しいな あゆ)さんですが、どう聞いても風音さんです、本当に(ry
声優感想とか聞く限り間違いないよねー。
名義変更の理由ですが、別にシナリオの都合とかでは無そうね。
それほどヤバイ内容でもなかったし。
あと考えられる理由としては、『好きなキャラだから』という理由。
思い入れやこだわりのあるキャラは特別な名義を使うことがあるとか無いとか?
自分のシナリオで涙したと言う話は今まで聞かなかったしね。
別名義=特別思い入れのあるキャラと考えてもいいかも?
『H2O』のはやみとか?

夢村登瀬
甘党の妖怪ロリばあちゃんです(コラ
可愛いけど年齢がぁ!!(苦笑)
この壁を乗り越えてでも邪ロリLOVEを貫いてこそ真のロリコンになれる(えー
えちシーンも脳内で補完できる人はロリ神だな!(ねーよ!
感動する場面は邪ロリとのシーンが多いよね。
良いばあちゃんだ。私にください!(マテ
Yuki-Lin(ゆきりん)さんなんだが、この人は相変わらずでワラタw
おちゃめっぷりが大好きです(笑)。
カレーの隠し味に板チョコ3枚はねーよ!バカすぎる!
2、3切れだろ常識的に考えて!
これからもひっそりと応援しようと思います!(笑)

聖夜
出番が短いのでどうでもい(パーン
『此方』という一人称が新鮮で良かったと思う。
キャラとしては普通すぎたかな?

前田亜佐美
立ち絵なし&ボケキャラという悲惨な扱い。
だが、それがいい!
個人的に一番好きなキャラです。
何故えちシーンが無いんだと2時間ほど問い詰めようと思う(えー
咲ゆたかさんはいつもの咲さんだった(何
声と性格がキャラと合い過ぎてて困る(笑)。
この人のボイスは特徴がありすぎて大好きだと何度も言ってるが、
今回は立ち絵の無いキャラのほとんどが咲さんボイスだから笑ってしまった(えー
メインキャラじゃないのは残念だが、咲さんのボイスが聞けただけでも良しとしよう。

総合感想
うん、まぁ、消化不良だよね。ファンディスクはまだですか?
最後の方は投げっぱなしなので、個人で補足しないといけません。
もう少し何とかならなかったのかなぁ?
さりげなく過去編がダルイし……。
あれってあまり意味無かったよねー?
まぁ、一応考察もしてみるけど、う~ん。

あとはグラフィックの問題。
立ち絵のバリエーションをもっと増やすべきかと。
あと亜佐美に立ち絵が無いのは手抜きだと思う。
そのことをネタにするよりは立ち絵があった方が良かったなぁ。
イベントCGも枚数がちょっと少ないぞ?
もっと色々なCGが欲しかったです。

この作品の目立った特徴って何ですかね?
何かに特化した作りじゃないとインパクトが足りない。
何事も中途半端はよくないよ?
やるなら徹底的にやらないと。寝取られとか陵辱とか虐待とか(えー
そんなこんなで、評価としては佳作止まりかな?

以上でPC版夢見師のレビューを終わります。
寝取られが嫌ならPS2版、エロ欲しい!ならPC版。
新品を買うほどの良作ではないかも?
まずは体験版からどうぞ。




個人的に気に入った場面ベスト5
奈緒が殴られたときの台詞。
「いたい」「ふがっ!」「ミケラッチョ!」「めっさいたい」など。

夏子の「変態!ど変態!鬼畜!鬼畜!きちくぅ!」という台詞。

邪ロリの、オレオレ詐欺の対応。
「某ははちみつが大好き!好きで好きで好きすぎて心はメルトダウン直前状態♪」
と言わせる邪ロリと、それをマジで言う男が面白すぎる!

プールに遊びに行ってスク水で登場する咲夜。

根岸という名のオタク(勇者)の存在。

夢見師 レビュー その3 

H℃(エイチドシー)より好評発売中のPC版『夢見師』のレビューです。

では続いてサードレビューを書きますね。
レビューは一旦これでラストとします。
3章・全シナリオが終わりました。
ちゃんとキャラ別エンドはあるんですが、うむ、消化不足だな。
というか説明不足な上に急展開すぎる気がする。
この章でやりたかったことが見えてこない。
物語全体のキーワードが沢山あるにもかかわらず、
それが上手くまとまっておらず、バラバラなままなんだよなぁ。
幸せ、笑顔、自分と他人、親(家族)、支えてくれる人、素直になること、
諦めないこと、後悔しないこと、自分がするべきこと、出来ること。
ざっと挙げるとこのぐらいかしら?
要所要所でこれらのキーワードが語られるんですが、
それが最終的にエンディングにはあまり関係しないんですよねー。
えっ?これで終わり?みたいな感じになってて拍子抜けします。
この作品の全体的なテーマに『親』の存在がありますが、
それも最後に影響しないというのは残念でならない。
あとは過去編の挿入タイミングが悪すぎる。
本編との関連性がほぼ皆無なので、4章として分けてくれた方が良かったです。

以下ネタバレってほどでもないけど一応分けます。
続きを読む

夢見師 レビュー その2 

H℃(エイチドシー)より好評発売中のPC版『夢見師』のレビューです。

では続いてセカンドレビューを書きますね。
2章・奈緒シナリオまで終わりましたが、
この2章で広宇が何故1日を2回繰り返すのかという謎(理由)が明らかにかなります。
それと同時に描かれるのが『親』の存在。
広宇には両親がいませんが、ここでその真実が明かされます。
また、奈緒に関してもテーマは『親』です。
この二人の『親』の対比はプレイヤーに様々な感情をもたらしてくれます。
守るとはどういうことなのか?が根底にあり、
その為にできることは何なのか?ということが、
今の広宇の置かれている状況と照らし合わせて描かれる様は見事ですね。

今回は邪ロリの存在がものすごく大きくて、邪ロリもまた『親』であり、
広宇のことでずっと悩んでいたことを考えると胸が苦しくなります。
これから先を生きていく上で広宇がしなければならない決断、
それを見守ることしかできない邪ロリ。
その葛藤がまた良かったですね。

その一方で、奈緒に関しては若干描写不足な感じが残りました。
まぁ邪ロリの台詞で多少フォローされてるから、
納得できないというほどではないかな?
夏先輩のエンドよりは後味良いしね。
この後まだまだ物語は続きますが、
2章は意味の大きいシナリオだったと思います。
では、セカンドレビューはここまでにします。
次のレビューまで、ごきげんよう!

余談だが、『正当防衛』が伏線になっていたとは、
あの時点では誰も思わなかっただろうなぁ(苦笑)。
ついでに、奈緒の「嘘だ!」という台詞には思わず笑ってしまった(えー

ここからはネタバレを含みますよ~。
続きを読む

夢見師 レビュー その1 

H℃(エイチドシー)より好評発売中のPC版『夢見師』のレビューです。

とりあえずファーストレビューを書きますね。
夏子シナリオが終わったわけですが、この作品って続きものだったんですね。
つまり夏子シナリオが第1章で、その後2章に奈緒、3章で咲夜と続くようです。
なので、ヒロインと結ばれてエンドという「個別シナリオ」は存在しないっぽいです。
今2章の途中まで進めてますが、ここまでの感想は素直に面白いと言えます。
続きがすごく気になるので、全ての謎が明かされるのが楽しみで仕方ない。
テキストも丁重で読みやすく、笑える箇所も多いので重い内容だと分かっていても
和むことができるのは良いね。特に奈緒との掛け合いは面白すぎる(笑)。
伏線の張り方も上手いし、読むたびに物語に引き込まれていくような感じがします。
そしてさりげなく邪ロリの立ち位置が優秀ですね。
ちょっと真剣な場面の台詞には思わず泣きそうになったよ。
邪ロリのくせに生意気な!(ぉ
あとは咲夜のアドバイスもすごく良い。
広宇も言っていますが、不思議と心が温かくなる感じがするんだよね。
謎の多い娘だけど、彼女の存在は大きいと思います。
と、ファーストレビューはここまでにしておきます。
では次のレビューまで、ごきげんよう!

ここからネタバレですよ~。
続きを読む

螺旋回廊 レビュー 復刻版より 

螺旋回廊 復刻版のレビューです。
運命の糸は幾重にも絡み合い、欲望という名の螺旋を描く。
楽園はいつもあなたの側に――。


1と2、両方まとめてサクッと書いちゃいましょう。
復刻版なんだから感想なんて他所に山ほどありますしね。

前置き
ディスクレス可。
女性キャラのみボイスあり。
クイックセーブ&ロードは無い(セーブ箇所不明。10ずつプラスされる?
誤字脱字があり(特に1はかなり多め
1と2共に修正する気はないらしい。
誤字脱字を修正した復刻版を出せばいいのに……。

グラフィック
1は117枚(差分含む
2は87枚(差分含まず
どちらも雰囲気が出てて好きです。
どちらが良いかは人それぞれだが、私はやっぱり2の方がいいなぁ。
全体のバランスとかを見てもね。

音楽
音楽鑑賞、1は27曲、2は37曲。
ダークな曲が多めで、じっくり聴いてるとヤバイ。
場面によっては絶大なインパクトがあるね。
2の主題歌「Satirize」は有名らしいです。
私もこの曲は好きだわー。超鬱くなれるぜ!(オイ

Hシーン
1は回想がないので正確な数は分かりません。
2は有紗4、瞳子5、悠里3、かおり6、その他5。
全体的に短め。好きなシチュエーションなら短くてもOKか?
ちなみにどちらもちょっと特殊なBLがあるので、耐性がない人はスキップな。

エンドについて
1は11+6+7の計24エンド。
2は32エンド。
救いがあるエンド?何それ?みたいなのばっかりです。
ヒロインがそれで幸せならそれがハッピーエンドなんです……。
攻略はかなり難解。セーブするポイントを上手く考えてやると楽かも?
それでも2なんかは超複雑なので、分からない奴はググれ!
自力で攻略したら異常なほど時間が掛かったよ……。

総合感想
どうなんだろうね?
今やってみるとこれよりも良作はたくさんあると思う。
だけど、これが発売された当初にこの作品が高く評価された理由も良く分かる。
時代に合ったシナリオと言うか、あの時代にこんなシナリオを読まされたら
誰だって衝撃を受けるわ……。
1で良かったところは、女性視点があって、
ヒロインが堕ちて行く様子が丁寧に描かれていることでしょうか?
主人公側からでは見えてこなかった部分が見えるのもいいよね。
2ではそう言った部分があまり無く、謎はほとんど謎のままです。
ヒロイン視点も瞳子ぐらいしかないしね。
有紗と悠里視点は必須だと思うんだけどなぁ……。
2は特別評価できるようなポイントって少ないので、
これは本来、3に繋げる為のエピソードなんじゃないかなぁとも思ったり。
というわけで早く3の制作発表をお願いします!

以上で『螺旋回廊 復刻版』のレビューを終わります。
1と2共に鬱分を補給するにはとても良いので未プレイの人にはオススメ(えー
追加シナリオとか新規CGが無いのはちょっと淋しいけどねー。

和み匣 レビュー 

Innocent Greyファンディスク 『和み匣』のレビューです。
降り積もる雪は刹那の夢
いつか消え行く運命を貴方と共に――


本館からほぼ丸々転載です。
追記するほど語ることないしね。
もしかしたら別記事で何かネタを作るかもしれません。
夏休みぐらいに(ぉ

前置き
ディスクレス可能。
完全フルボイス(各キャラ個別音量調節可能
セーブ箇所は各ストーリごとに10×6の60箇所(多すぎます!
クイックセーブ&ロードは無し。
攻略とかは特に何も考える必要は無いと思います。
サクラメントのみBADもあるので注意。でも選択肢は多くないです。
『雪椿』クリア後に、『白詰草』開放。

グラフィック
CG34枚(差分除く)。
それプラス、ミニゲームのオマケでゲストイラストが10枚あります。
クオリティに不満は無いが、やっぱり枚数が少ないですね……。
せめて50枚ぐらいは欲しかったです。

音楽
音楽鑑賞36曲(OP、ED含む
初回特典のCDにはOP&EDフルver、それぞれカラオケver
『恋鍵』の風音さんバージョンと、うえおかあいさんバージョン、
『LUNA』のオリジナル版short verなどが収録されています。

Hシーン
シーン回想25(サクラメント2、凛雪に咲く花19、いのぐれっ!4)。
ほとんど凛ちゃんのえちシーンで埋まりますね(苦笑)。
『いのぐれっ!』のえちシーンは台詞のみで進行。
かつ短いので早漏の人にはオススメ(何
『いのぐれっ!』のえちシーンが一番楽しみだったのに_| ̄|○

各シナリオ別感想。
サクラメント~月ノ視ル夢~
結局は逃亡エンドですか_| ̄|○
メインのストーリーがこの短さなのはどうなのかしら?
カルタグラのファンはこの終わりで納得したのかな?
私が見たかったエンドはこんなんじゃないのにっ!
「誰もが幸せになる結末などない」
冬史のこの台詞がこのシナリオの全てですね。

凛雪に咲く花
ひたすらエロエロの連続です。
あ、あのね、これってちょっとした寝取られ気分を味わえるよね。
加えて、この娘は本編で死ぬことが分かってるわけだからさ、
こんな幸せそうな凛ちゃんを見るのは正直辛いんですが……。
凛ちゃんファンには逆に拷問だよ!

いのぐれっ!
一番楽しみにしていたのだが、かなり微妙でした。
だって延々と台詞のみで進行して、キャラの動きが掴みにくいんだもん。
オチもあっさり気味で退屈だし……。
もっとドタバタやってくれるのを期待してたんだけどなぁ。
学園の七不思議とかあまり楽しくないのですよ……。
えちシーンも短いし、何だかなぁです。

KOF~勝気な女たちによる二人打ちポンジャン~
とても退屈なミニゲームです。
まさに『ただのポンジャン』って感じ。
演出も何も無いので、ひたすら役が揃うのを待つだけ。
しかも役が少なく、加えて揃いにくいときた。
狙いやすいのは『青一色or赤一色』ぐらいか?
ゲームバランスは普通だが、逆にその普通がキツイ。
役が揃わないので、いつまで経っても終わらないのです。
まぁ、終わるときは一瞬で終わったりもしますが……。
進行スピードもちょっと遅めなので、ストレスが溜まるかも。
『ctrlキー』を押せば早くなるけどね……。

真ロシアンスピリッツ~大作煉獄編~
難しすぎて死ぬ。マジで腕が超痛くなります。
ペンタブレットがあれば少しは楽になるらしいけど、
マウスで遊ぶならものすごく練習しないとダメですね。
必殺技が恐ろしく強力なキャラが多く、
加えて相手の焼くスピードがハンパじゃない。
こちらが必殺技を使う余裕なんてありません。
というか使ってもあまり効果が無いのが問題だよね。
あと、相手が必殺技を使うと必ずカットインが入るので、
それだけでもかなりペースを乱される罠。
画面いっぱいに「ですの~」が広がったときなんて……。
ちなみに私はまだ栞に勝てたことがありません。
あんな卑怯な必殺技使う相手にどうやって勝てと?

総合感想
思ったよりは期待ハズレな作品でした。
『サクラメント』や『凛雪に咲く花』はまだ良いんだ。
ただ『いのぐれっ!』にパロディネタが圧倒的に足りない!
もっと笑いを誘ってくれないとつまらないですよ!
まず、ボケとツッコミという基本が成立していないので、
何をやっても空回りしているのが問題だと思います。
栞を徹底的にツッコミ担当にした方が良かったんじゃないか?

あとはミニゲームの退屈さと難しさ。
正直、ポンジャンするなら『メモオフみっくす』を遊ぶ方が断然いいです。
必殺技(CG付きの演出あり)、いかさまアイテム、
役の豊富さ、進行スピードの快適さなどなど、
『メモオフみっくす』のポンジャンがどれほど優秀だったかが良く分かりましたよ!
ロシアンスピリッツは栞に勝つことが出来ないのをどうにかしてください……。

以上で『和み匣』のレビューは終わりです。
風音さんにED曲を歌わせたのは神だと思った。
だがしかし、なぜ井村屋ほのか嬢に歌わせなかったんだと小一時間(ぉ

綾瀬家のオンナ 感想 

綾瀬家のオンナ ~淫華の血脈~(スカラドギ)。

時間があるのでちょこっとだけ書いておきますかね。

まずエンディングが各キャラ1つずつしか無いのがつらい。
しかもどれも同じような内容で、孕ませて終わりというあっけなさ。
綾瀬の血という設定をもう少し掘り下げて欲しかったです。

エロシーンもちょっと物足りない感じです。
私としては説明よりも台詞が多いほうが好きなんですが、
この作品はヒロインの台詞が短めなのでイマイチ盛り上がりませんでした。
せっかく良い声優さんを使っているのに勿体無いですね……。

あと思ったのは、シチュエーションに無理があるということ。
ギャグとしか思えないような場面がいくつかあってつい笑ってしまう。
放課後だしもう校内にいるわけないよな→いや、いるという予感がする!→いた!
というパターンが結構あって、何でいるんだよ!と(笑)。
さっさと帰ればいいのに……と何度ツッコミを入れたことか。
エロシーンも何故バレない!と(ry

ラストなんですが、わざわざ主人公を擁護するのは何でだろう?
別に主人公にそれほど好感を持ってるわけじゃないからあんなフォローいらないんですが。
署名活動とかありえないからwwwwww

とまぁ、そんなわけで、評価は残念賞としか言いようが無い。
もっと設定とキャストを活かした作品作りをしてくださいと。
この作品は淫語にピー音がなく、○で文字を隠したりとかが一切ありません。
そこだけは評価してもいい!(えー